2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.27 (Sat)

「戦う司書 The Book of Bantorra」第26話感想

最後のハミュッツの本当の能力についてはよく分からないので放っておくとして。

コリオをああいう位置づけに持ってきてくれたのは嬉しいですね~

これまでに、エンリケやヴォルケンなどの多くのキャラクターを

メインにした話がありましたが、

やっぱり一番印象に残っているのはコリオとシロンの話ですね。

今回は、あのハミュッツですら、

ただルルタを殺すという役目を与えられた自分の存在意義に挫けそうになったわけですが、

コリオは、肉となりハミュッツを殺すためだけの人間爆弾となった後でも、

シロンへの恋を見出し最後にはシガルを倒すまでに至ったわけですから。

ぶっちゃけ、全キャラの中で一番凄いのってコリオなんじゃないのってね。

だから最後の決戦にああいう形で登場させてくれたのは嬉しいですね。

で、次回がいよいよ最終回のようです。

ルルタが全ての力をニーニウに譲渡したことで、ラスボスはニーニウということに。

まあここまで来て最後がバッドエンドとは思えませんからね。

最後にハミュッツが呼び寄せた武装司書たちがリアルに復活するのかは分かりませんが、

ニーニウを倒して終章の獣を消すのは間違いないでしょうね。

それにしても、ルルタとハミュッツの戦いはちょっぴり残念な感じだった気も。

ルルタは、これまでやってきたことをニーニウに

「自分が望んだことはではない」と否定され、ハミュッツはハミュッツで、

心が折れちゃった感じですからね。(まあどちらも復活しましたが)

とにかく次回がこの物語の集大成。期待!

テーマ : 見たアニメの感想 - ジャンル : アニメ・コミック

21:11  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/882-bb6a7fe9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。