2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.27 (Sat)

「戦う司書 The Book of Bantorra」第22話感想

何というか思った以上に、

ノロティの話は救いがあるのかよく分からない感じになりましたね。

アーキットが恨みを忘れてくれたという部分に関していえば

ノロティの願いどおりの結末だったんでしょうけど、

ノロティが殺された理由やエンリケのことを考えると、何だかな~と。

特にエンリケのセリフは切なかったですね~

ノロティがいなくなれば何も残らない、みたいなやつ。

エンリケにとって武装司書の役割や世界の平和とかは関係なく、

ノロティとの繋がりだけが全てという感じでしたからね~

そんなエンリケが、世界を救うという(今回の場合、武装司書に限定されますが)

ノロティが願い続けた役割を果たすことになったというのは感慨深いものがありますね…
(ノロティはエンリケと“共に”世界のために行動したかったわけですが(TT))

で、次回からはいよいよ最終局面という感じですかね。

たびたび話題に出ている「天国」というワードも気になりますし、

今回ギリギリの戦闘を続ける中で、

ハミュッツが、殺されて、本になって、ということを心の中でつぶやいてましたけど、

あれはなかなか重要な意味がありそうですね~

これまで、ハミュッツの全力戦って殺されたいという願望は、

単に戦闘狂的な面から来るものだと思ってましたけど、

もっと何か深刻な意味がありそうですね…

そして次回はハミュッツの回想シーンありそうな感じ。

そろそろ全ての情報が明らかになって、ばっちりクライマックスへ、という段階でしょう。

今回のエンリケの戦闘シーンを見ていると

少し尺に余裕がないのかな~という気もしますが、とにかく次回も期待!!

テーマ : 戦う司書~The Book of Bantorra~ - ジャンル : アニメ・コミック

22:15  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/848-816941d8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。