2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.15 (Mon)

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」第44話感想

エドがカッコよく復活。

単行本で読んでいた時は負傷後のエドについてだいぶ焦らされた気がして、

再登場の際には「ようやくエド復活~(≧∇≦)」みたいなテンションになりましたが、

アニメで見ると意外と早かったですね。

で、合流したアルとホーエンハイムは情報交換。

ホーエンハイムが言っていた“来たるべき日”というのが、

たしかこの後、敵味方双方での共通認識みたいな流れになる感じで、

いよいよ最終局面だな~と盛り上がってきますね。

敵側にも動きがあり、かつての仲間を殺してしまったグリードに変化が。

ホムンクルスの中でも、今後グリードはかなり特殊な立ち位置に回ってくるので、

まあそこらへんのクライマックス展開も楽しみですね。

ところで、グリードの内側にいるリンに復活してもらいたい気持ちがある一方で、

個人的にはグリードみたいなシンプルなキャラは結構好きなんですよね~

それも、今みたいに誰かに従っているのではなく、

“強欲”らしさを思う存分発揮している感じのグリードが。

まあ、そんな姿が見られるのもそう遠くは無かったり…

次回は~展開が思い出せないけど、とにかく期待!

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS - ジャンル : アニメ・コミック

21:55  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(5)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/833-256460fd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第44話「バリンバリンの全開」

 リオールでホーエンハイムと数年ぶりに再会したアルフォンス。久しぶり過ぎて戸惑うホーエンハイムの心とは裏腹に、素直に父と慕って全てを話すアルフォンス。ホーエンハイムもアルを信じて自分の事を話すのでした。  ホーエンハイムがクセルクセスの奴隷で賢者の石だ...
2010/02/15(月) 22:29:54 | たらればブログ

●鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第44話「バリンバリンの全開」

regeneration【初回生産限定盤】前回はアル組が反撃の狼煙を上げて方々へ歩き出し、 今回はエドとリン&グリードが久々の登場で、さらに動き出し...
2010/02/15(月) 23:50:01 | 明善的な見方

●鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第44話「バリンバリンの全開」

ゆかいなサブタイで、エド数話ぶりに帰ってきたー!(笑) ホーエンハイムと再会したアルは、街の復興を助けつつ。 今までのことを父に話す...
2010/02/16(火) 20:40:49 | SERA@らくblog 3.0

●アニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」 第44話 バリンバリンの全開

150ピース 鋼の錬金術師 リン・ヤオ 150-147(2009/11/07)エンスカイ商品詳細を見る 見ろ、魂が叫んでるじゃないか!! 「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST...
2010/02/17(水) 23:07:31 | 渡り鳥ロディ

●(アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第44話 「バリンバリンの全開」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7(完全生産限定版) [DVD]クチコミを見る リオールにてホーエンハイムと再会したアルたち一行。アルはホーエンハイムに、これまでのいきさつや、エドが現在行方不明になっていることを話す。その頃、ノースシティの銀行に、エドの口座よ...
2010/02/18(木) 13:02:01 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。