2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'12.26 (Sat)

「戦う司書 The Book of Bantorra」第13話感想

ようやくヴォルケンの話が始まりそうな気配が…

アーガックスでヴォルケンの記憶を失っているミレポックの言動に

ヴォルケンっぽさが出ているのは、ヴォルケン登場のサインだと信じたいですね。

で、今回の話はミレポックがラスコールを追う展開。

まだ始まったばかりなので具体的な進展は次回以降に期待ですね。

マットアラストは前回に続いて今回も出番が多そうです。

あと、敵キャラで赤髪の女性が出てきて最初は新キャラかと思ったんですけど、

アニメの序盤、シガルの後ろでバイオリンを弾いていた女性だったんですね。

あの頃はまだこの作品に入り込めていなかったのですっかり忘れてました(;^_^A

シガルを殺された復讐ということらしいですが、

シガルの印象自体があまり残っていないのでいまいちパッとしない理由ですね。
(あの話はとにかくコリオとシロンの関係が感動的でした。自分的ベストエピソードです)

次回から(いつものように)物語が進み面白くなってくるんだろうな~と思っていたら、

予告では総集編っぽい感じが。

掴みの悪かった序盤の話はもう一度見直したいな~とは思うし、
(と言っても、3,4話ぐらいから普通に楽しんでましたけど)

コリオとシロンは話は何度でも見たいと思いますが、

それでもやっぱり総集編は残念な気分になりますね…(=_=;

ただ、どのエピソードも良い内容になっているので、

うまく作ってくれれば意外と楽しめるかもしれません。期待!!

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

23:03  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/779-4867914a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。