2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'12.13 (Sun)

「戦う司書 The Book of Bantorra」第11話感想

「レナス・フルールである以外に、私には何もないの」

うーん、切ないな~(ノ_<、)

あの女性に元の記憶があり、全てを知った上でモッカニアを騙しているというパターンなら

女性が悪い(まあ仕組んだのは神溺教団ですけど)と簡単に言ってしまうこともできますが、

あの女性にもモッカニアの母親としてのあり方しかないんですよね…

それはもう、本物の母親と何が違うんだ、みたいな。

それだと、偽物だと分かっていてもモッカニアは彼女を突き離すことはできないし、

彼女は彼女で真実を知った後でも自分のあり方を変えることはできませんよね。

結局どうしようもなく、最後にモッカニアは自殺。あの女性の今後はどうなるんでしょうか。

黒幕…というか、黒幕監視役ということでウインケニーというキャラがいますが、
(企みの大本はやっぱり神溺教団ですからね)

彼も恨みをぶつけられるような立場じゃないという。死んじゃったし。

これだけ悲しい展開だったのに、登場キャラの誰も責められないというのが、

何とももどかしいです(><;)ひたすら切ない。

無敵キャラ系だから、

ハミュッツはもう少し何か出来なかったのか、という気はしますけどね。

特に、モッカニアと戦っているシーンでは

戦いを楽しんでいるだけのように見えてしまうところとかが、

彼女のキャラなんでしょうね。

それが分かっていても、ハミュッツには何かして欲しかったです。

無責任な期待だというのは分かってるんですけどね~。ああいう、全てを知っている、

みたいなキャラにはやっぱり期待してしまいます。

次回は、メインがマットアラストのようですね。

やっぱり切ない系の話なんですかね…(^^; とにかく次回も期待!!

テーマ : 戦う司書~The Book of Bantorra~ - ジャンル : アニメ・コミック

02:14  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/764-d1748cfa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●戦う司書 The Book of Bantorra 第11話「弱者と迷宮と女王の指し手」

 シュラムッフェを手にしたハミュッツとモッカニアの戦い! 蟻の群れは気持ち悪いネ。  神溺教団のウィンケニーは小さい頃に母親と共に神溺教団に入りました。そして将来教団にとって脅威になるだろう武装司書を目指しているモッカニアの天敵になるようにと命じられ...
2009/12/15(火) 01:16:48 | たらればブログ

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。