2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.22 (Sun)

「戦う司書 The Book of Bantorra」第8話感想

いや~良い内容でした(v_v)

この作品、だいたい3話ぐらいで一つの話が終わるみたいですが、

最後はきっちりと締めて来ますね~

序盤の展開がいまいちよく分からなかったので、いろいろと不安だったんですけど、

怪物をつくるために利用された少年達も最後に良い役回りとなりましたね。

で、前回の話で二重人格か何かかな~と思ったザトウでしたが、
(ノロティと話していたのはエンリケでしたけど)

本喰い?という特殊な能力の持ち主だったようですね。

少年漫画の万能キャラみたいな力ですけど、やっぱりああいうのは

精神力が弱点になったりするんですかね。最後にエンリケに体を奪われたように。

とにかく、他の少年達が次々にエンリケに声をかけていくシーンは良かったです。

ただ、どうしてザトウの体内?にクモラの本があったのかは気になりました。

別にクモラが能力を持っていたとかではなかったと思うんですが…
(まあ演出っぽいので細かく突っ込んだらダメですかね)

まあでも、あれならクモラもエンリケ達と同じで訓練を受ける側にしちゃえばいいのに、

とは思いましたけどね。考え方とかはあのままで。

まあとにかく良い締め方でした。

次回からまた掴みどころの難しい入りになるんでしょうけど、最後まで期待!!

テーマ : 戦う司書~The Book of Bantorra~ - ジャンル : アニメ・コミック

10:48  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/743-49d77e98

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。