2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'10.24 (Sat)

「戦う司書 The Book of Bantorra」第4話感想

シロンとコリオの関係が凄く良かったですね(v_v)

何と言ったら良いのか分かりませんが、どちらの愛情もとても純粋で…

シロンはコリオの存在に救われ、コリオはシロンの存在に導かれる感じ。

最後の、シロンの言葉に導かれて

コリオがシガルに戦いを挑むシーンにはグッと来ました(ノ_<。)

まだ4話で、それほど感情移入をしていたとも思えないんですけど、

コリオとシロンの関係にはとても素敵なものを感じました。

シロンに未来が見えるおかげで、生きている時代が違うのに

現在進行形で想い合っているように感じられるのも良かったですよね。
(戦いのシーンのように、シロンは本の欠片を通じてですけどコリオに干渉できるので)

二人が寄り添って夕陽を眺めているように見えるシーンも最高でした(´▽`)

ただの脇役だと思っていたカートヘロとその恋人が、

実はシロンにとって大きな助けになったというのにはビックリしましたが、

ああいう無駄のない配置みたいなのは悪くないですね。

さて。とりあえずの敵陣営は神溺教団なのかな~と思っていましたが、

どうやらそうでもないような気配が。あの謎のおじいさん達が黒幕ですかね。

最後にヴォルケンが飛び出していきましたが、

次回からの中心人物はヴォルケンなのかな。まあとにかく次回も期待。

テーマ : 戦う司書~The Book of Bantorra~ - ジャンル : アニメ・コミック

16:46  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/714-94c75f42

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。