2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'10.17 (Sat)

「戦う司書 The Book of Bantorra」第3話感想

良かった~。これまでの、いろいろと分からないけど面白そうという段階から、

話の繋がりが見えてきて良い感じに面白くなってきましたね。

まず、前回ラストでハミュッツが人間爆弾を片っ端から潰していき、

ピ~ンチなコレオでしたが、特に何ともなく普通に無事でしたね。

で、怪しいおじいさんから再びシロンの本の欠片をもらい、いつもより長めの記憶タイム。

そのシロンはエピソードですが、切ない話でしたね…(ノ_<、)

予知夢?の能力を持っていたシロンは神溺教団に利用され、

最期は命を失うことを覚悟して竜骸咳のことや特効薬について進言。

不遇の少女モードから、吹っ切れた後のシロンがカッコ良かったです。

そして今回の話のおかげで、シロンというキャラクターが少し分かりましたね。

これまで勝手に“魔女”と“処刑”という言葉から、

実際に大虐殺とかをしちゃったけど実はそれには深い事情が~

みたいな話をイメージしていましたが、

シロンには全く悪いところは無かったんですね…

ただ利用され、それでも人々を救おうとしたというだけで。

そして。現実の方の世界ですが、ハミュッツが割とピンチな感じに。

前回ハミュッツのめちゃくちゃな強さを見せられ、

シガルが仕組んだ人間爆弾程度じゃどうやっても倒せないよな~と思いましたが、

シガルの計画はもっと狡猾なものでしたね。

シロンの予知夢から百年ぶりの台風のことを知っており、竜骸咳を仕組み、

ハミュッツが力を発揮できない舞台を整えて、いざ勝負…というところで次回に続く。

う~ん、良いところで終わりましたね~"r(^^;

シロンが使っていた武器をシガルが装備しており、

力を制限されたハミュッツ相手に戦いがどうなるのか分かりませんが、
(それでも、ハミュッツが負ける姿は想像できませんけどね)

次回がとても楽しみですね。期待!!

テーマ : 戦う司書~The Book of Bantorra~ - ジャンル : アニメ・コミック

19:25  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/707-fc3d9428

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。