2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'09.19 (Sat)

「東京マグニチュード8.0」第11話感想

弟くんに関する詳しい説明はありませんでした……が、

まあそんなことはどうでもいいんですよ。

再会した未来と母親が泣きながら抱きしめ合うシーンには
ジーンと来ました・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・

その時に初めて気づいたんですけど、このアニメって音楽も凄く良かったんですね…

場面の良さと見事に合ったBGMの素晴らしさに感動倍増。

…まあ正直言うとあのシーン、扉のところでフワッと消えていく悠貴くんの描写について、

本編での演出もあれぐらいに止めておいてくれたら良かったのになぁと思いました。

3話?も不思議な現象を引っ張るのではなく(悠貴の死に関してはリアルに描き)、

最後の最後で軽くリアル路線から外れ、幻っぽい演出を使う、みたいな。

まあそれはともかく。

両親と未来のシーン、未来と真理さんのシーン、未来の回想、どれも良かったですね。

あと最終回でこんなことを言うのもあれですが、

声優さんの名演も光る作品だったと思います。
(今回のような感情が前面に出てくる回ではそれがよくわかりました)

あと、これはホントにどうでもいいことですが、

姉の未来が年相応の精神的な未熟さを持っていたのに対して、弟の悠貴が良い子過ぎたのは、

もしかして物語の展開を知った上でのキャラの性格設定だったのかな、

という邪推をしてしまう自分に嫌気がさす今日この頃(=_=;)
(悪く言うと、安易なお涙ちょうだい演出に見えてしまうんですよね…
姉がそこそこリアルなキャラなのに、後で死ぬ弟がああいうキャラだと)

まあとにかく良いアニメだったのは間違いありません。

最終回がうまく締まらない作品もあると思いますが、

この作品に関しては、最終回の出来が良かったのもポイント高いですね~

後味すっきりって感じで。いや~良いアニメでした(´▽`)

テーマ : 東京マグニチュード8.0 - ジャンル : アニメ・コミック

10:54  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/666-4087f39b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●(アニメ感想) 東京マグニチュード8.0 第11話(最終回) 「悠貴へ…」

東京マグニチュード8.0 (初回限定生産版) 第2巻 [BD] [Blu-ray]クチコミを見る ようやく到着した自宅。久しぶりの家族との再会。地震で多くを失った未来は心に空白を抱えたまま、時は過ぎていく。両親に挨拶に来た真理から、以前投げ捨てた携帯電話を手渡される未来。一?...
2009/09/20(日) 02:09:51 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

●東京マグニチュード8.0 第11話「悠貴へ…」(最終回)

悠貴くんがいない(ノ_・。) 未来1人の絵はつらいなあ… なかなか家へ向かえない未来を励ます悠貴くんの思念。 魂になってもお姉ちゃんを思って…うりゅうりゅうりゅ(ノДT) …この時点で悠貴くんの手が半透明になってたり、影がなかったりとつらい描写の連続。 ...
2009/09/23(水) 05:33:46 | のらりんクロッキー

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。