2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'09.10 (Thu)

「青い花」第11話感想

完っ璧v(= ̄▽ ̄=)v

予想通り、大盛り上がりするような内容ではありませんでしたが、

1クール通してクオリティの高さを維持したこの作品らしい、

素晴らしい最終回でした。締めの「もう…ふみちゃんはすぐ泣くんだから」というセリフも、

初めてこのセリフを聞いた1話からここまでの

物語の流れがフラッシュバックされる感じで良かったです。

で、本編の感想ですが…どこもかしこもハッピーエンド、みたいなね。

唯一杉本先輩に関しては、留学するということで少し寂しい気もしますが、

自分なりにけじめをつけたということなんでしょうね。バスケでも大活躍で。

京子とその許嫁の康ちゃんについては、なかなか良い雰囲気。

二人の幼少時代のエピソードを聞いたときに、

この二人には幸せになってほしいなと思っていたので、うまく行きそうで一安心です。

あーちゃんの兄貴の方にも、まさかの展開が。

兄貴に惹かれている的な描写はありましたが、あの子マジだったんですね…(^^;

そして、本命のふみちゃんとあーちゃんの主役二人組。

正直二人の関係については、

最終回のわりにそこまではっきりとした決着をつけたわけではありませんが、

あまり気になりませんでした。ふみちゃんがあーちゃんへの想いを自覚した?

ということで、今後二人の関係が進展するのかな、ぐらいで。

まあそれで全然構わないんですよね。この作品の魅力のひとつは、

表現が直接的なものではなく、ぼかすところにあると思うので。
(ぐいぐい主張するのではなく)

それから、セリフなしで長めにBGMだけが流れているシーンを見て、

この作品の音楽の良さにも改めて気付かされましたね。

あぁ…作品の雰囲気作りに凄く貢献していたんだな~と。

演出の良さに関しては言うまでもないですよね(´▽`)

さて。1行目に完璧と書きましたが、ホントに何一つ文句の無い作品でした。

最終回だけでなく、全話通して満足感を味わえる作品もそう無いよな~という感じで。

ひとつ問題があるとすれば、このあと続々と終了する他のアニメを、

完成度の高いこの「青い花」を見た後で見なければいけないことですかね(;^_^A

とにかく。「青い花」最高でした~d(^_^o)

テーマ : 青い花 - ジャンル : アニメ・コミック

20:48  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(3)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/654-e9839f4d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●(アニメ感想) 青い花 第11話 「冬の花火」

青い花 第2巻 [DVD]クチコミを見る 夏はあっという間に終わり、季節は秋。恭己のバスケ部での活躍はめざましく、全国大会へ出場することに。そして恭己は卒業後イギリス留学をするとの噂が学校中を駆け巡ります。その話を和佐から聞いてショックを受ける京子。一方ふみは...
2009/09/10(木) 23:12:13 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

●青い花 第11話「冬の花火」(最終回)

え、そこで終わり!? という感じでしたw EDの入り的な意味で(ノ∀`*) 私の中ではお兄ちゃんの衝撃が大きかったです。 今後どうなるのか...
2009/09/12(土) 05:30:49 | 空色きゃんでぃ

●青い花 第11話「冬の花火」(最終回)

アバンからあーちゃんの寝起きとはヽ(゚◇゚ )ノ あーちゃん最終回も大サービスw ふみちゃん視点での最終回って感じでした。 恭己はロンドンへ留学という鉄板退場。 ふみも京子もまだ引きずっているのがもどかしい。 確かに気にはなるよね。 この距離感が?...
2009/09/12(土) 11:49:23 | のらりんクロッキー

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。