2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'08.17 (Mon)

「戦場のヴァルキュリア」第20話感想

ラマールがイサラをかばって死ぬ、というパターンはあるかな~と思っていましたが、
(結局ありませんでしたが)

ファルディオの方でしたか……まあ、序盤のラマールのキャラから考えればアリな展開かな。

で、今回のメインはファルディオ。

ヴァルキュリア人の圧倒的な力を見せつけられたことや味方の全滅という絶望感から、

アリシアを撃ちます。もちろん、ヴァルキュリア人として覚醒させ、

セルベリアに対抗させるためですが(たぶんそのはず)。

ここは、アリシアのことを本気で好きというアニメ設定のおかげで、

アリシアを利用すること(あと銃で撃つという強引な手段ですし)への葛藤が表れていて
良かったと思います。

それでもやっぱり自分としては原作の展開が良かったんですけどね…

今回の内容だと、ファルディオが錯乱してアリシアを撃ったような感じですけど、

原作のファルディオはもう少し現実主義というか(ナンパなキャラはそのままですが)、

ガリアを生き残らせるためなら綺麗言は言っていられないという覚悟のもと、

アリシアをわざと狙撃して覚醒させるんですよね。
(もちろん死なない程度に。ちゃんと狙撃の訓練もして)

そのあたりでの、理想主義のウェルキンとの衝突とかも見どころなんですけどね…

まあとにかく。次回以降いよいよ超人対決スタートですね。

ところで、自分は原作をやっていたので今回のセルベリア無双にはあまり驚きませんでしたが、
(ゲームでも基本、勝てない・手を出せない相手なので)

初めて見る人がセルベリアのファンタジーな強さに引かないかが心配ですね(;^_^A

その点、あのネタバレ全開なOPは今回の衝撃を和らげるための保険だったのでは?
という気さえしますね。

あれで多少の覚悟はできていたんじゃないかな、と(^^;

…さて。物語もいよいよ終盤へ。

たぶん尺的な問題はなさそうなので(戦闘シーンは省略し放題ですし)、

物語としてちゃんとした内容で締めてくれることに期待。次回にも期待。

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

16:18  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/627-79f3fd79

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●戦場のヴァルキュリア 第20話「愛しき人」

指揮権の剥奪を迫られたマクシミリアンは挽回を狙い、ナジアル平原の決戦を挑んでくる。 …えと、そんな第7小隊とかって活躍してましたっけ...
2009/08/17(月) 22:37:30 | SERA@らくblog 3.0

●戦場のヴァルキュリア:第20話「愛しき人」(アニメ感想)

愛のために自分を犠牲する人がいれば、 自分のために愛を犠牲する人もいます。 そして、愛のために人が犠牲させられることがあれば、 人のために、愛が犠牲させられることも
2009/08/18(火) 01:23:17 | 自由で気ままな日々

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。