2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.18 (Wed)

「続 夏目友人帳」第11話感想

いつもとは雰囲気が多少異なる第11話。

…これはこれで良い感じですね。

いつもの、しんみりと心に染み入る展開はもちろん素晴らしいんですが、

今回のような少年漫画っぽい展開もなかなか良い感じ。夏目カッコ良いよ~

さて。

最近の夏目の、「与えてくれる人たちに、何か返さないといけない」

みたいな考えは、なにか微妙に違う気がしていたのですが、

そういう意味では、今回の呪術師の集まりや名取さんとの会話は

今の夏目にとって重要なものになりそうですね。

「何を焦っているのか」という名取さんのセリフは、まさしくその通りだと思うし、

初登場の七瀬の妖に対するスタンスは、

同じものが見えるからといって理解し合えるわけではない、

ということを夏目にわからせてくれたでしょう。

そして、逆にそれは、見ているものが違ったとしても理解し合うことはできる、

ということにも繋がると思います。

ところで、今の夏目には七瀬の考え方が気に入らないかもしれませんが、

1期目・1話の頃の夏目も、「妖なんて嫌いだ」「どうして俺には妖が見えるのか」

という風に、どちらかというと七瀬よりな考えだったような気がします。たぶん。
                                
夏目の場合、その後に多くの優しい・温かい妖に出会うことで、

現在の考えに至るわけですが、あのままニャンコ先生たちに出会わなければ、

夏目も七瀬と同じ考え方になっていたかもしれませんよね。

そう思うと、七瀬の考え方も決して間違いではないんだろうな~と思ってみたり。

……とまあ、珍しく真面目なことを書いてみて少し恥ずかしいわけですが(;^_^A
(こういう時は、一時的に文才5割増し、となりたい今日この頃。)

とにかく、アクション要素多めな「夏目友人帳」も面白いな~という感想です。

最後は、斧をもった人影(妖?)が映って終わるというサスペンスな終わり方。

次回も期待です。

テーマ : 夏目友人帳 - ジャンル : アニメ・コミック

20:44  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(4)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/466-14d8121b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●続・夏目友人帳 11話

第十一話 「呪術師の会」 名取に誘われ呪術師の回に参加したお話。 的場一門の七瀬がかっこいいのに驚きました。 声が想像していたより...
2009/03/18(水) 21:18:15 | ワタクシノウラガワR

●(アニメ感想) 続 夏目友人帳 第11話 「呪術師の会」

続・夏目友人帳 1 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 1匹の蛙に導かれるように森の中に足を踏み入れた夏目。そこで目にしたものは妖怪を喰う邪鬼の姿だった。逃げる夏目だったが、その邪鬼に触れられた腕に呪いを受けてしまった。五日かけて生気を吸い尽くすと?...
2009/03/18(水) 22:30:05 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

●続 夏目友人帳 第11話「呪術師の会」

夏目が思い描いた理想と現実が食い違いを見せる今回のお話。 自分に出来ることがしたい、 自分と同じ境遇の人となら分かり合える、 そんな思いから名取が誘った妖力者たちが集まる「呪術者の会」に参加した夏目。 柊が相変わらずいい味出してますね~ 夏目との意思...
2009/03/18(水) 23:50:27 | のらりんクロッキー

●続アニメ夏目友人帳第11話 「呪術師の会」

アニメ夏目友人帳 発言者:→宵里、→春女です。
2009/03/20(金) 18:15:19 | 獄ツナBlog5927

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。