fc2ブログ
2024年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2008'02.29 (Fri)

「灼眼のシャナII 」第20話感想

原作持ってるのでわかってはいましたが―――――、カルメルさん大活躍じゃないですか

リボンで悠二をぶら下げながら、サブラクと激戦を繰り広げるカルメルさんが素敵過ぎです

これまで、特にカルメルさん大好きってわけではなかったんですが、

なんだか、今回改めてヴィルヘルミナ・カルメルという素敵な存在に気付かされた気分です

まるまる30分、ほぼ戦闘に費やされたような回でしたが、自分的には大満足でしたね。

前から言ってますが、私は子供心をくすぐられるような派手な戦闘シーンとか大好きなんですよねー

なんだろう、ホント、わくわくしちゃうなー、来週も楽しみで楽しみで仕方ありません

あ――――それと、来週悠二の作戦でみんなが協力することになると思うんですが、

先週、あっさりやられた“吼号呀”ビフロンスを倒した時の、クレーターっぽくなった地面が

“懐刃”サブラクの正体を明らかにする上での伏線になってるところが、

今回のサブラク戦のお話の綿密さを感じることができていいですねー
(ビフロンスも無駄な存在ではないんです)

・・・・・・と言いつつ、あのクレーターがビフロンスを倒した時のものだったか自信が無いかも

確か原作ではそういう感じだと思いましたが(読んだのが半年ぐらい前なので記憶があやふや)

テーマ : 灼眼のシャナⅡ - ジャンル : アニメ・コミック

15:04  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(4)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/136-1d046213

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●灼眼のシャナII 第20話

破壊力も最大の奇襲と共にサブラクが登場し、ヴィルヘルミナと戦いを繰り広げる話。 あの強さはいくらなんでも反則級だと思います。 何が大変って、まるでダメージを与えられないらしいというのが辛すぎますよ。 突然の大爆発とともにサブラク登場、いきなり悠二を捕...
2008/02/29(金) 15:30:00 | パズライズ日記

●(アニメ感想) 灼眼のシャナII 第20話 「茜色の死闘」

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 ザロービの計略を推測し、自らの力で最前の策を成し遂げた悠二の元へ、シャナとヴィルへルミナが合流した。だが、安心する間もなく新たな攻撃が3人を襲う。シャナの体を刻む無数の刃、ヴィルへルミナと悠二を飲み込んだ巨大な茜?...
2008/02/29(金) 19:21:58 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

●灼眼のシャナ? 第20話 「茜色の死闘」

ザロービの罠を見破り勝利した悠二。 しかしそれすらも計略! 真の敵サブラクの攻撃が、あたりを巨大な茜色の炎に包む!! 悠二の胸に剣を...
2008/02/29(金) 23:23:53 | SeRa@らくblog

●「灼眼のシャナII」20話

第20話 「茜色の死闘」。 久々にというか第二期では初めての全編戦闘回でしたが、かなり面白かったです。 「灼眼のシャナ」といえばバトル...
2008/03/02(日) 18:28:50 | さすらい旅日記

▲PageTop

 | HOME |