2017年03月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'05.07 (Sat)

「C」第4話感想

まあ面白いかな~ぐらいには思ってた作品ですけど、今回はめちゃくちゃ面白かったです。

相変わらず何やってるか分かりづらい戦闘ではありますが、

三國のディールはカッコよかったと思います。

公麿のあの勝ちはどうなんだと思いましたが、

作中でもそういった視聴者感情を代弁するようなセリフもありましたから、

何かしらの意図をもった演出なんでしょうね。

投資がどうとか言ってましたし、ただの戦闘シーンとしてよりも、

金融街でのやり取り、みたいな見方で見た方がいいのかもしれませんね。

で、今回の話ですが、面白いとは書きましたが、

実際のところ怖さに引きつけられる面白さだったかな~と。

てっきり負けた大学の講師がいなくなるぐらいのホラー展開かと思ったら、まさか子どもとは。

先生の家に入ってからの一連の不気味演出がかなり良い感じでした。
(子どもがチラっと映るところや、奥さんの姿を映さず声だけ聞かせるところとか)

公麿の父親についても、新たな可能性が出て来ますしね。

1話で、ディールで負けたキャラがそのまま身を投げる、みたいなシーンもありましたから、

間違いなく自分の未来が担保になっている場合もあるんでしょうけど、

身近な人の未来が奪われて二次的に自らも命を絶つ、みたいなパターンもあるんですかね。

まあ父親の話はまたいずれ出てくると思いますけどね。

んで。公麿は自分も相手も不幸にさせたくないという考えを示しましたが、

わりとベタなスタンスですし、それで金融街を生き抜けるのか分かりませんが、

まあとにかくスタートしたばかりの公麿に注目ですね。次回も期待!!

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

08:56  |  「C」  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/1359-f1ebb4f6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●[ C ] 第4話「conversion(転換)」

「やるよ、俺 やってみるよ  これ以上 周りの人を不幸にしたくないんだ――」 ディールが現実世界に及ぼす影響 未来を担保にする、その本当の意味を知る事になった公麿!    公麿vs江原! 二度目のデ...
2011/05/07(土) 14:51:02 | WONDER TIME

●[ C ]  第4話 「conversion(転換)」

未来を懸けたディールに負ける意味…。 公麿の二人目の対戦相手は、講師の江原。 三國が株を買ってくれたお陰で辛うじて勝利を得るが…。 破産した江原が喪った未来を知ることになる。  ▼ [ C ]  第4話...
2011/05/07(土) 18:54:26 | SERA@らくblog

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。