2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'04.01 (Fri)

「フラクタル」第11話感想

主人公が何もしない最終回ってのはダメだろう、と。

もちろん告白など、それっぽいことをしているシーンはありましたが、

これまでの話でいろいろと経験してきたクレインが、

最後の最後でその証を何も見せてくれることなく終わってしまった気がします。

あと、オリジナルフリュネが受けた扱いや、フリュネとバローの関係など、

あんなものを最終回で明かされても気分が悪くなる以外の何物でもないような。

懐かしいファンタジーものの世界観でやっておきながら、

そのあたりの生々しさがどうしても受け入れられませんでしたね~

やるならやるで、もっとアンチテーゼ的な作品にすれば良かったのに、とも。

ハッピーエンド的な要素を完全に排除して。
(そうすればフリュネの件などもすんなり受け入れられますが)

それから、フラクタルシステムとロスミレの主張による二元的なテーマを投げかけておいて、

最後、システムがいつか崩壊するから人々もなし崩し的にかつての、

生活臭にあふれた生活に戻っていく、みたいなオチはう~んと。

そんなことでは変われないぐらいにフタクタルにハマりこんでる人が居るからこそ、
(目がイっちゃってた)

ロスミレの過激な活動も仕方ないかと思っていたんですが、

必要に迫られたら変われるというのは何だかな~と。
(フラクタルシステムによる千年の支配、みたいな世界観が全く活きないというか)

物語の中盤以降、何度か面白いと感じる部分もありましたが、

結局最終回を見る限りではそこまでではなかったのかも。

ただ最後まで見続けるだけの魅力は十分ありましたけどね。

まあ面白かったんじゃないでしょうか。終わり。

テーマ : フラクタル - ジャンル : アニメ・コミック

21:37  |  「フラクタル」(終)  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/1326-123f6679

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●フラクタル 第11話 「楽園」

なんとなくイイハナシだったような最終回(苦笑) フラクタルの鍵となる存在は、10歳のネッサでなく。 成長したフリュネでないとダメだった。 バローが最低なのか、最初の鍵を作ったヤツもこんなのだったの...
2011/04/01(金) 22:37:33 | SERA@らくblog

●フラクタル 第11話 「楽園」 感想

再生の道―
2011/04/04(月) 20:36:58 | wendyの旅路

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。