2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'12.10 (Fri)

「屍鬼」第19話感想

結局、静信の役どころがよく分からないんですよね~

他のキャラについては、何かしら共感できる部分というか、感じるものがあるんですよね。

起き上がりについても、彼らが人を襲うのはあくまで単純な食欲から来るもの。

だからと言って我慢出来るものではありませんが、

そのあたりのせめぎ合いみたいなのは物語の魅力の一つでしょうからね。

敏夫なんかの場合なら、分かりやすいですけど、防衛本能的な。
(感情移入しやすく、応援したい感じで)

今回逃げ出した人も含めて、名前も知らないような村人ひとりひとりも、

展開の広がりには欠かせないんですよね。
(カッコよくは無くても、リアルな一般人って感じで)

そんな中で、静信だけはいまいちな~と。

どうしてそこまで沙子に付くのかがよく分からないんですよね。

そのあたりが分からないと敏夫との対立軸が盛り上がりませんから。

まあ、最後に「僕は村に殺意を抱いているのか」と言ってましたが、

静信の内面がいろいろと出て来そうなのが今後の楽しみですね。

ところで。今回、村人が鬼の仮面をかぶっているのが面白いな~と。

起き上がりは、自分たちのことを屍鬼と呼んでおり、

この、村人が起き上がりを襲う描写も含めて、

どっちがどっちだか分かりゃしない的な皮肉めいた演出は良い感じでした。

次回は夏野によるラスボス対決その一みたいな内容ですかね。期待!!

テーマ : 屍鬼(藤崎竜) - ジャンル : アニメ・コミック

14:57  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/1200-8cc973f8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●(アニメ感想) 屍鬼 第19話 「第悼と柩話」

屍鬼 3(完全生産限定版) [Blu-ray]クチコミを見る 千鶴の正体が衆目のもとに曝されついに村人たちが屍鬼狩りに立ち上がる。 狩りの陣頭指揮をとる敏夫、 対して一気に作戦を完遂させよ ...
2010/12/15(水) 19:04:26 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。