2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'09.17 (Fri)

「屍鬼」第11話感想

もはや次回予告じゃない( ▽|||)

特に予告の後半に関してですが、敏夫の奥さんは起き上がりになったようですね。

で、今回敏夫が言っていたように徹底的に起き上がりについて調べ上げる様子。

原作はどうか知りませんが、アニメですからそこまでグロイ描写はないと思いますが、

ちょっと怖い気も。んで、今回の内容ですが。

郁美は一番勘が鋭そうですね。敏夫と違って何の情報もない段階で、

すでに村の異変に気付いていましたから。

風水などの知識にもとづく判断をしているところが若干胡散臭いですが、

少なくとも、今、村で起きている現象については正解ですからね~

そして村のためにすぐに行動を開始するところがとても勇敢で素晴らしいと思います。

でもって、その真っ直ぐさのためにさようなら、みたいな。
(まあ撃退できる可能性もありますが)

その点、敏夫の冷静さは良いですよね。

今、動いてもどうにもならないことを理解していて、

まず敵の分析を。(これについては次回で相当分かりそうですけど)

そして、必ず勝てると確信した時点で行動を起こすんでしょうね。

正直、真相に気付いた郁美さんを見殺しにするような態度をとったのは

残酷にも思えますが、まああそこまで騒ぎ立てたら手遅れでしょうしね。

やるなら何をしてでも勝つ、みたいな敏夫が魅力的な今日この頃です。

次回も期待!!

テーマ : 屍鬼(藤崎竜) - ジャンル : アニメ・コミック

13:28  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(4)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/1091-830bc5ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●屍鬼 第11話「第悼と悲屠話」

起き上がりの襲撃から、節子を守り切れなかった。 尾崎は、敗れた悔しさからか、起き上がりとの戦いに意地になったようです。 決意というよ...
2010/09/17(金) 21:03:35 | SERA@らくblog

●屍鬼 第悼と悲屠話 レビュー キャプ

外場村水口にある伊藤郁美の自宅に郁美を頼って村人が二人 来ていた。最近の村で起きている事、死者と引っ越しで村から どんどん人が減っている事とか漠然とした不安で、自称霊能力者の 郁美にお札をもらう。 一枚3000円だよ 工エエェェ(´д`)ェェエエ工  けっこ...
2010/09/18(土) 00:28:23 | ゴマーズ GOMARZ

●屍鬼 第11話 「第悼と悲屠話」 感想

敏夫は逃げることのできない問いを、静信に投げかける。 一方、起き上がりの存在を確信した祈祷師・郁美は村に広がる危機を人々に 声高に...
2010/09/18(土) 00:43:19 | ひえんきゃく

●アニメ「屍鬼」 第11話 第悼と悲屠話

屍鬼 5 (ジャンプコミックス)(2009/07/03)藤崎 竜商品詳細を見る 君はアベルなのかい? 「屍鬼」第11話のあらすじと感想です。 ロマンチスト。 ...
2010/09/18(土) 16:09:34 | 渡り鳥ロディ

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。