2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'09.11 (Sat)

「刀語」第9話感想

今回は、可愛さ的にもちょいエロ的にも狙った描写が盛り沢山でしたね

一応原作でも汽口慚鬼との修行にすっかり馴染んでいる七花に嫉妬する展開はありましたが、

アニメでは5倍増しくらいのラブコメっぷりでしたね。

その甲斐あってといいますか、とがめの可愛さはハンパなかった気が(〃∇〃)ゞ

素人目に見ても、今回は作画的に可愛さを意識していたように思えるんですけど、

それだけでなく仕草も良かったですよね~。個人的には、最初の方の、

髪をクルクルしているところが凄く可愛かったです。

ただ少し心配なのは、原作よりも二人の打ち解け具合を強調し過ぎているところ。

七花のとがめに対する依存はともかくとして、

今回のラブコメを見ると、とがめの方もずいぶんと七花にハマっている感じに。

もちろん、旅を続けていく中で二人の関係は変化しているわけですが、

そのあたりの変わったもの・変わらなかったものというのは、

最終巻で相当重要なキーワードとなりますからね。

ノリに任せて二人をラブラブさせすぎると、最後に整合性がとれなくなる危険も。
(とにかく二人の物語ですからね。そこらへんは慎重に描いて欲しいところ)

で、今回のゲストである汽口慚鬼ですが、ホントにもう、あの通り真っ直ぐな人物で。

七花も共通点の多さを挙げてましたけど、とがめが嫉妬するのも仕方ないぐらい、

七花との関係がホントにしっくり来るキャラなんですよね~

ちょっと堅物過ぎるところもありますが、

最後に本気の勝負をして負けて謝るところなんかは、

さっぱりとした気持ちのいい人だな~と。全キャラの中でも好感度高め。

ひとつ残念だったのは、最後の「看板娘です」というシーンで、

ああいう感じにするのではなく、真面目な娘がちょっと照れ気味に言う、

みたいなパターンを期待したんですけどね~<(* ̄∇ ̄)

まあ、もしかしたらあれは、剣の道ではなく、

恋をするなど普通の女の子としての人生を選んだ場合の慚鬼を垣間見せる、

みたいな演出だったのかもしれませんが。
(それか、王刀を手放したことで多少なりとも真人間の“真”の部分がとれた姿なのかも)

次回は誠刀・銓ですね。とがめの生まれ故郷が舞台ということで、

次は刀の所有者と戦うというよりも、己との戦い、みたいな展開です。期待!!

テーマ : 刀語(カタナガタリ) - ジャンル : アニメ・コミック

15:11  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(6)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/1084-c07b9bb2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●刀語 第09話 「王刀・鋸」

居合とは人に切られず 人切らず ただ受け止めて平らかに勝つ
2010/09/11(土) 17:22:36 | 物理的領域の因果的閉包性

●刀語 第9話 「王刀・鋸」

ラブコメ王道回でした(笑) 剣術道場、心王一鞘流の当主である汽口慚愧は、真面目すぎるキャラ。 七花に武器を持たせないと試合をしないと...
2010/09/11(土) 20:26:31 | SERA@らくblog

●刀語 第9話 「王刀・鋸(オウトウ・ノコギリ)」 感想

今回はラブコメですか(笑) 何この可愛い生き物。 今回の待ち受けパスワードの二つ目に吹いたよ! 木刀 VS 無刀 王刀・鋸を求め、出羽...
2010/09/12(日) 00:33:43 | ひえんきゃく

●刀語 第9話

刀語 第9話 『王刀・鋸』 ≪あらすじ≫ 伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた完成形変体刀十二本を求め、無刀の剣士である...
2010/09/12(日) 01:46:52 | 刹那的虹色世界

●(アニメ感想) 刀語 第9話 「王刀・鋸」

刀語 第七巻 悪刀・鐚(完全生産限定版) [Blu-ray]クチコミを見る 王刀・鋸を求め、出羽の将棋村へと向かう七花ととがめ。 その名の通り将棋が盛んな村にある唯一の剣術道場・心王一鞘流の12代目当主である汽口慚愧がその所有者だ。 交渉を始めるとがめであったが、七花と...
2010/09/12(日) 14:01:52 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

●アニメ「刀語」 第9話 王刀・鋸

刀語 第九話 王刀・鋸 (講談社BOX)(2007/09/04)西尾 維新竹商品詳細を見る まだ何か覚えておるか? 毎月1話放送、「刀語」第9話の(ほぼ)感想で...
2010/09/12(日) 20:44:14 | 渡り鳥ロディ

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。