2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'08.29 (Sun)

「戦国BASARA弐」第8話感想

長曾我部元親、生きてたんですね。

まあ、ずっと前から主要キャラっぽい立ち位置で描かれてましたし、
(OPとか)

あれであっさり退場というのも勿体ない感じでしたが。

松永久秀は、隠れキャラのような扱いになるかと思っていたら、

意外と前に出てくる感じですかね。
(慶次と秀吉の回想にまで関わってくるとは思いませんでしたが)

慶次による秀吉の説得はまあ予想通りの結果となりました。

個人的な感想として、慶次の考えは、こんなことするのは秀吉らしくない、とか

昔の秀吉ならこんなことしなかった、みたいなパターンばかりで、

とてもじゃないですけどあれでは説得は出来ないかな~と。

秀吉が変わるきっかけのようなものには心当たりがあるわけですし、

とりあえず現状の秀吉(の考え)を理解して、

その上で、慶次なりの提示をすべきかと。

秀吉は秀吉で、自分の経験から今の考えに至ったわけですし、

幼稚な言葉では秀吉は止まらないでしょうね。
(だからと言って力で決するなら、それこそ秀吉の考えが正しいんでしょうけど)

この先の展開としては、一軍の将としての幸村の成長、

慶次と秀吉の関係あたりが楽しみですね。次回も期待!!

テーマ : 戦国BASARA - ジャンル : アニメ・コミック

21:42  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/1067-2e7fdbe3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●(アニメ感想) 戦国BASARA弐 第8話 「友垣との哀しき再会 猛執刻まれし日の記憶!」

戦国BASARA弐 其の壱 [DVD]クチコミを見る 胸に一つの決意を抱き、秀吉と対面を果たした慶次は、秀吉にある申し出をする。そして「強さ」とは何か、また「幸せ」とは「国より前に、争うより前に人をみること」なのではないか、そう問い掛ける。「強き者たちが作る未来」?...
2010/08/31(火) 14:46:10 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。