2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'07.24 (Sat)

「今期(6月終了アニメ)を評価してみないかい?9」その2

つづきです。ここで評価するのは「荒川アンダーザブリッジ」,「閃光のナイトレイド」,
「さらい屋五葉」,「四畳半神話大系」,「デュラララ!!」の5作品。

荒川アンダーザブリッジ
ストーリー…3点
キャラクター性…5点
画…3点
演出…3点
音楽…4点
総合的な評価…3点  合計21点

初回を見たときの印象は相当良かったんですけどね。凄いアニメが始まったな~というか、
原作ものということでこんな凄い漫画があるんだ~と。キャラの濃さだけでも十分ギャグ
作品として成り立っているのに、シリアスシーンではリクのこれまでの価値観を崩していく
人間成長ドラマ的な一面もあり、本当に凄い作品だと思いました。ただ、最後まで見続けた
後の感想としては、中盤以降の失速感がな~という感じ。キャラのインパクトにはどうしても
慣れが出てしまいますから、そのあたりは人間ドラマ的な側面でカバーして欲しかったん
ですが、河川敷再開発をめぐってのリクと父親のやり取りは、意外にあっけなく締めてしまい
ましたからね。


閃光のナイトレイド
ストーリー…2点
キャラクター性…3点
画…4点
演出…3点
音楽…5点
総合的な評価…2点  合計19点 

「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」の時も思いましたけど、素材が良さそうなのに何かが残念な感じ。
この作品に関して言うなら、現実の世界観をもとにした歴史ものにチャレンジしながら、
わりと無難な締め方だったのがもったいないですね。あえてあの時代を描こうとするなら、
何かしらの強い主張をしてくれると思ったんですが。


さらい屋五葉
ストーリー…4点
キャラクター性…4点
画…5点
演出…4点
音楽…5点
総合的な評価…4点  合計26点

めちゃくちゃ地味な作品でした。ただその渋さがたまらないかと。素人目線ではありますが
作画もとても良かったんじゃないですかね。凄くリアルな感じで。音楽は、OP・EDも
普通に良かったんですけど、何より作中で使われるBGMが良かったです。物語の雰囲気に
とてもよく合い、キマッてるって感じ。演出や声優さんの演技(もちろん作画や音楽など)
全ての要素が「さらい屋五葉」という作品の雰囲気にぴったりと照準を合わせていた印象。
だからとても完成度が高く、違和感を感じないんですよね。まあ地味なことは地味でしたが。


四畳半神話大系
ストーリー…5点
キャラクター性…5点
画…4点
演出…5点
音楽…4点
総合的な評価…5点  合計28点

この作品はホントに凄かったです。第1話の時点で飛び抜けた面白さを感じ、その面白さを
維持しつつ最後の締めの話でさらに盛り上がりを上積みしてくれました。特に、ストーリー
構成が抜群に上手かったですね。並行世界ものなのでやり易かったというのもあるんでしょう
けど、それにしても全体の8割ほどを毎回同じパターンで展開するわけですからね~
序盤で思いましたけど、どこかで飽きが来るんじゃないかと。まあ結果的には、演出や独特な
画の動かし方など、全く飽きることはありませんでしたが。作品のテーマ的にも、ずっと
自分の学生生活を嘆き続けた“私”の心境の変化は、人生は見方ひとつでどうとでも楽しめる、
みたいな、シンプルですけど見ていて気分が明るくなるお話でした。


デュラララ!!
ストーリー…4点
キャラクター性…5点
画…4点
演出…4点
音楽…5点
総合的な評価…5点  合計27点

群像劇ということで、序盤は話が繋がらずちょっと物足りない部分もあったんですけどね。
バラバラの話を収束させていく段階では文句なし。最後は綺麗にまとめましたが、続きが
気になる終わり方でしたし、登場キャラクターも多く、もっとたくさんの物語がありそう
ですね。2期目があるなら、とても楽しみです。


ベストキャラクター賞 伊波 まひる「WORKING!!」
…とにかく見ていて可愛いキャラだな~と。

ベストOP賞 約束「閃光のナイトレイド」
…カッコ良くてテンションが上がる曲でした。
 アニソンという意味ならWORKING!!のOPも良かったんですけど、カッコ良さ優先で。

ベストED賞 逆様ブリッジ「荒川アンダー ザ ブリッジ」
…メロディがとても好き。

ベスト声優賞・男性 浅沼晋太郎
…他のどの作品に出てるとかは知らないんですけど、「四畳半神話大系」の“私”の
 声優さん。凄く大変だったんだろうな~と思います。

ベスト声優賞・女性 坂本真綾
…自分の分かる範囲ではニノと明石さんの声優さん。どちらも独特な雰囲気をもった
 キャラクターだったんですけど、ぴったりと合わせてくれたな~と。

以上で終わります。

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

10:10  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/1026-1dacefd6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。