2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'07.13 (Tue)

「世紀末オカルト学院」第2話感想

初回も掴みは良かったんですが、順調に面白くなってきましたね。

どうでもいいですけど、おしゃれなサブタイだと思っていたら、

単にキャラの名前だったんですね。でもまあ、次回のサブタイもいい感じでしたが。

で、今回も見ていて思いましたが、マヤの反応が好きですね~

個人的にはマヤのうんざりしたような表情がグッと来ます。

あと、文明のことをボコボコにしているマヤですが、

父親の研究を疑われたときは本気で怒っていたことを考えると、

やっぱり父親に対して深い想いがあったのかな~と。良い子っぽいな、と。

んで、この作品はギャグもかなりツボにはまる感じ。

いろいろと新しいアニメが始まっていく中で、

ギャグのノリが合わないとそれだけで結構辛いものがあるんですが、

このアニメは素直に見ていて面白いです。

今回一番良かったというか、やられたな~と思ったのが、

文明が鍵を探している最中に唐突に現れたJK。

いくらなんでも前後の脈絡が無さ過ぎというか、

その後速攻で排除されていたのも合わせてとても面白かったです。
(あと単純にオカルトものとして物凄くビックリしました。ホラー的に)

それから、基本ギャグっぽいノリで進んでいくわりに、

ホラーシーンが割とマジで怖かったり(>_<)

王道演出とか、次々と襲いかかる怪奇現象に心が休まらず、

なんかもうドキドキビクビクしちゃいますね。

本編の謎については、文明が探しているノストラダムスの鍵は、

やっぱり学園側、教頭?を筆頭に何か秘密を握っていそうですよね。
(あと、あのオカルト現象も把握できているのか、とか)

ただ、初回からはっきりと胡散臭さを出していたので、

逆に引っかけっぽい気もしますけどね。

次回は~予告だけではどういう内容か全然分かりませんね。

相変わらず曲は懐かしかったです。期待!!

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

14:49  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://monochromenote.blog114.fc2.com/tb.php/1012-dda7bade

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●世紀末オカルト学院 第2話 「文明の到来」 感想

恐怖の大王、降臨―
2010/07/13(火) 16:46:14 | wendyの旅路

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。