2010年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.30 (Sat)

「戦う司書 The Book of Bantorra」第18話感想

いや~最近ますます面白くなってきましたね、このアニメ。

内容の充実感だけでなく、次回への繋ぎの良さというか、

「ホントに良いところで終わるな~」と感じるところに

作品が面白くなってきたことを実感しますね。

で、今回は。ヴォルケンのキャラクターについて、

純粋さについては相変わらずのバカ素直っぷりでしたが、

意外と戦闘力が高いんだな~というのは驚きました。

ビザクと戦うシーンですが、地味なこのアニメにしては

なかなか派手な感じで良かったです。短かったですけど(^^;

そのビザクは何者かにやられてしまい、武装司書側ではそれはヴォルケンの仕業となり、

ヴォルケンはヴォルケンで、ミレポの話を信じて武装司書の仲間たちは

自分を理解してくれたと思い込んでるし。

このあたりのすれ違いは切なかったですね(>_<;)

一方、オリビア・リットレットは、記憶が徐々に戻ってきており、

そこにベンドルガーを絡めたハミュッチュの回想みたいなものが加わることで、

いろいろと物語の全体像みたいなものが分かってきましたね。

前回の感想でも書いた気がしますが、このあたりのストーリー構成は、

小説を読んでいるみたいにしっかりとしていて気持ち良かったです。
(前回はもっとアニメであることを意識して欲しいみたいなことを書いた気もしますが
 話の全体像が掴めた後ではやっぱり悪くないかな~と(;^_^A)

徐々にクライマックスに向けて盛り上げてきているのが分かるんですが、

どうなんですかね、このまま最終回まで上り調子で行くのか、

今回のヴォルケンの話が終わったら一旦話を落ち着けるのか…

とにかくきっちりとした作品の締め方になりそうで楽しみです。

次回も期待!!
スポンサーサイト

テーマ : 戦う司書~The Book of Bantorra~ - ジャンル : アニメ・コミック

12:52  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.30 (Sat)

「おおかみかくし」第4話感想

やべぇ……一誠お兄ちゃんがついに限界っぽい( ▽|||)

次回のサブタイ「暴走」は一誠のこととしか思えませんが、どうなるんですかね。

まあ、一誠の博士に対するアプローチに恐怖心しか感じない自分としては、

一誠退場の選択肢しかないわけですが…(;^_^A
(更生してくれるなら別ですけどね)

それはともかく。

本編は良い感じに(不気味に)盛り上がってきましたね~

原作?が竜騎士07で、はっさくという奇抜なアイテムが使われていたので、

もっとこう特殊な展開になるのかな~と思っていたら、

ホラー?サスペンス?ミステリー? 

こういうのって、なんてジャンルと呼べばいいのか分からないんですけど、

謎解きものとして手堅い進め方をしてますよね~

ちょっとずつヒントみたいなものをチラ見せしていく形で、

物語・事件の核心に迫っていく感じ。なんつーか、真面目なやり方というか。

まあ、普通に面白いと思いますけどね。

次回は~一誠の奇行に(嫌でも)注目ですかね…

あんまり楽しみじゃないかも(^_^;)

テーマ : おおかみかくし - ジャンル : アニメ・コミック

09:47  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(3)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.29 (Fri)

「デュラララ!!」第4話感想

うぉお…首なしキャラがず~っと画面に映っているというのも、なかなかに異様な光景(-_-;)

で、今回は丸々1本セルティと岸谷新羅の話。

セルティがアイルランドの伝説?に出てくるデュラハンと呼ばれる妖精だという、

ストーリーの設定に関する話題から、現在の二人のスタンスまで。

セルティは失った首を取り戻すつもりで(記憶を取り戻すためにも)、

新羅は、別にセルティは今のままで良いんじゃないか、という感じ。

むしろ新羅としては、首を取り戻すことで(でもって、記憶を取り戻したら)

セルティが変わってしまうんじゃないか的な恐怖心から、

セルティには首を探すのをやめて欲しいぐらいですかね。

このあたりの新羅には少しばかり小物臭を感じるというか、

最後、「今の姿が完璧だ」と連呼する姿には若干残念な気がしないでもないような…

まあそれは、白衣という格好だけで、もっとこうマッドサイエンティストみたいな

イメージを自分が勝手にしていたからなんですけどね(狂気的な)

実際、新羅も変人キャラなのかもしれませんが、

少なくともセルティに対しては人間臭いキャラだったので、

それが少し意外でちょっぴり残念だったかな~と。
(上で書いたように、もっとぶっ飛んだキャラをイメージしていたので)

さて。正直1話丸ごと使うような話には思えませんでしたが、

今のところセルティは毎回出ているし重要なキャラだからってことですかね。

次回は紀田がメインなのかな~~期待。

テーマ : デュラララ!! - ジャンル : アニメ・コミック

19:45  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(11)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.28 (Thu)

「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」第4話感想

なんだか……淡々と進んでいく回でしたね。

自分がぼ~っと見ていたからかもしれませんが、

何を見せたかったのかよく分からない、あっさりとした内容だった印象。

デルマイユ候?が偉そうなわりには役に立たず、

身分にばかりこだわるところが、分かりやすい小物っぷりでしたね。

今回の会見は一般の人間社会向けということで、

前回ミナが行っていた政府側との交渉内容や、そもそもミナは本当にヴァンパイアなのか、

など、まあ視聴者的には今さらなことでしたが、

作品内での流れというのもありますからね。

さて。今回もミナを狙うヴァンパイアが現れたわけですが、

バックに控えているボス的な存在の気配はあまり出て来ませんね。

前回のラストでめっちゃ気になる終わり方をした生徒会長についても、

危険な目にあっていそうなことが分かるだけで、特に追加された情報はなし。

最後、アキラの前だけで見せるミナの表情は相変わらず可愛かったです。

で、ヴァンパイアバンドを作る理由の話でミナの顔が曇りましたが、

そのあたりは物語の核心部になりそうなので、物凄い展開だと良いですね~

次回も期待!!

テーマ : ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド - ジャンル : アニメ・コミック

23:03  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(5)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.28 (Thu)

「バカとテストと召喚獣」第4話感想

まったく……引っ張り過ぎだっての(;^_^A

メインヒロインではないものの、

まあ、あのパターンなら大抵最後には報われるだろうと思っていたら、

意外にズルズルと引っ張るのでホントにダメかもと心配しちゃいました。

美春やクラスメイトの妨害を受けるぐらいまでは予想できましたけど、

まさか久保くんまで出てくるとは…(^^;

最後にはめでたしめでたしで良かったんですけどね。

それにしても、美波は可愛かったですね~

本命ヒロインに瑞希がいるのでたぶん美波の想いは届かないんでしょうけど、

それだとなおさら応援したくなりますね~
(あと可愛い妹もいるし(〃∇〃)ゞ)

とにかく、今回はがっつり美波サイドに傾きたくなる回でした。

まあ、作品のストーリー的にはそういうわけにもいかないでしょうから、

次回あたりには瑞希のヒロイン回がやってきそうですね。
(今回は殺人弁当を披露しただけで出番が終わりましたし)

どうでもいいことですが。料理の最高のスパイスは愛情だ、なんて言葉はありますが、

その言い回しにスパイスの殺菌効果をかけてくるところは、

上手いな~と妙に感心しちゃいました。
(まあ、愛情だけではなどうにもならない味だったようですけど(-_-;))

次回も期待!!

テーマ : バカとテストと召喚獣 - ジャンル : アニメ・コミック

14:26  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(9)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.27 (Wed)

「君に届け」16話感想

まさかの総集編( ▽|||)

まあストーリーのペース配分的に余裕がありそうですからね。
(というかむしろ、尺が余ってる感じ)

まあ、名シーンの連続で思った以上に悪くない総集編でした。

席替えのシーンと噂の誤解を解くシーンは、

何度見てもグッと来る名場面ですね~

あの頃は爽子が少しずつ居場所を作っていくという感じで、

周りのちょっとした変化にもこちらが感動してしまうような状態でしたが、

今はもう人間関係もしっかりと出来上がってますからね。

お祭りは準備をしている時が一番楽しい的な感覚というか、

ある程度完成している状態をさらに輝いて見せるのは難しいかな~と。

これから最終回に向けてちゃんと見せ場を作れるか少し心配ですね。

まあとにかく、次回も期待!!

テーマ : 君に届け - ジャンル : アニメ・コミック

23:13  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(5)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.27 (Wed)

「刀語」第1話感想

この作品、原作者のファンで全巻揃えているのでまずはざっくりと作品自体の感想について。

とりあえず、西尾維新作品アニメ化第一弾だった「化物語」と比べると

評価は下がるかな~という印象ですね。

内容についての感想は人それぞれですが(自分としては普通に好きですけど)、

多少薄っぺらい気がしないでもないかな、みたいな。

まあそれは12ヵ月連続刊行シリーズ?大河ノベル?とか何とかの企画による

ところも大きかったと思いますけどね。(なかなかに辛い企画だったようで)

そして、この作品が好きな自分としても、

コストパフォーマンスの悪さだけはホントに否定しようがないかな~というところ。
(値段がめちゃくちゃ高い~という感じではなく、
 あのボリュームならもう少し安くても~みたいな)

だから人には買うことを勧めませんが、それでも、

6巻か7巻の七実の話と最終巻には集めて良かったと思わせるものを感じたし、

単純な時代劇ものではないラストの軽くSFチックな物語の真相は面白かったですね~

それでは本編の感想。

とりあえず前半30分で思ったのが、「こんなに会話多かったっけ?(・_・;」と。

まあ思い返してみればまさしく原作通りの展開だったし、

一応1話ということで世界観の説明やらとがめの目的、

この作品の今後の方向性だったりを一気に説明しておかないといけませんからね。

原作を知っている自分としては今さらな話で少し退屈だったんですけど、

その分戦闘が始まってからは良い感じでしたね~

西尾維新の戦闘描写っていまいち迫力を感じないので、
(言葉によるやり取りはズキズキと心に突き刺さるものがあるんですけど)

このあたりはアニメ化されてよかったと思いました。

音楽は予想以上に壮大で、音楽だけでもある程度の雰囲気を作れる感じでしたね。

で、主役の七花ととがめについてですが。

七花のぼ~っとした感じが良かったです。島育ちでホントに何も知らない状態ですからね~

この後いろいろな感情を覚えていく七花の変化が楽しみになるぐらい、

ぼ~っとしたキャラでした(;^_^A
(もちろん、虚刀流を馬鹿にされたシーンなど、反応するところは反応してましたけど)

とがめについては、可愛さが原作より3割増しぐらいに感じました(〃∇〃)ゞ

もともと好きなキャラではあるんですけど、何だろう…喋って動くだけで

+αされた破壊力を感じました。

七実については~最後の「あの子弱いのに」というセリフが彼女のキャラクターやら

今後の展開などを全て物語ってますね(^^;

さて。前半が少し退屈で後半は普通に面白かったわけですが、

次回は2月になるんですね…なかなか大変です。

アニメも原作と同じく毎月1話という形となるわけですが、

原作を読み終わったときにこの刊行形式で良かったな~と思ったのは、

ホントに七花やとがめと一年旅をして来たような充実感があることですかね。

刀ごとに、七花ととがめを全国各地に旅をさせてくれたのも大きいんですけど、
(ちゃんと土地柄を描写してくれたのでホントに旅をしているイメージで)

七花ととがめが旅した一年という月日が、

リアルにこちらの一年とリンクするわけですからね…
(と言いつつ、作中での経過時間が一年じゃなかったら恥ずかしいんですが( ▽|||)
 原作は実家に置いてあるので確認できなくて)

最終巻を迎えたときは、ただ物語が終わるという寂しさ以上の何かを感じましたね。

で、本編に話を戻しますが、次回は砂漠の話ですね(たぶん)。

たしか七花も言っていたと思いますが(次回の話ですけど)、

敵の最期の締めのセリフはカッコ良かったです。

少し長くなりますが、次回も期待!!

テーマ : 刀語(カタナガタリ) - ジャンル : アニメ・コミック

03:18  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(5)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.26 (Tue)

「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」第4話感想

さて第4話。ノエルの回って感じですかね。

前回がリオ、その前はクレハがメインだったので、

次回はフィリシアの回になりそうですね。

ただ、リオのいろいろと今後に含みを持たせた回想や、

今回のノエルが旧時代の遺物であるタケミカヅチと繋がりがあるのに対して、

クレハにはストーリー進行上の要素が無かったのは少し不安ですね。今思うと。
(キャラがツンデレタイプというのはよく分かりましたけどね)

ところで今回、戦争孤児で兵隊嫌いという少年が出てきましたね。

設定自体は珍しくも何ともありませんが、

一応そちら方面のシリアスな展開もあるんですかね~

今のところ、世界観だけが独特なだけで、

やってることは日常ほのぼのアニメとあまり変わりませんが。

で、まだ物語が本格的に動き出していないので何とも言えませんが、

今回カナタが“音”についての一つの可能性を見せてくれましたね。

いろいろな要素が多すぎて作品の方向性が掴み切れないものの、

やっぱり今回みたいに音を絡めて話を進めていくのかな~みたいな。
(まあでも、全然違う気もしますが)

もし次回が順当にフィリシア紹介回になるなら

ずいぶんと余裕をもった話の進め具合になりますが、
(そして、それではいくらなんでも時間をかけ過ぎだと思いますが)

とにかく次回も期待!!

テーマ : ソ・ラ・ノ・ヲ・ト - ジャンル : アニメ・コミック

22:00  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.25 (Mon)

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」第41話感想

今回の話は原作でも文句なしにシビれる展開でしたが、

その面白さを余すところなくアニメ化してくれたって感じですね~

むしろ、声優さんの演技などが入った分、

最後のシーンの迫力はアニメの方が凄かったぐらい。

殺さないことを選ぶ主人公はよくあることなので別に面白くも何ともありませんが、

その選択肢の結果あそこまでのピンチに陥らせる作品はなかなか無いよな~と、

原作を読んでいるときに改めてこの作品の凄さに気付かされましたね。

エドについては、おそらく作中でも最大の窮地に追い詰められ、
(グラトニーの腹の中に入った時も相当ですけど、リアルな命の危機という点で)

それに重ねるように、少なくとも肉体的には無敵の存在だったアルに

唯一弱点と呼べそうなものが襲いかかったり。

ここのエルリック兄弟ダブルピンチという状況は、見ていてハラハラさせられました。
(どちらの危機も、かなりマジな部類だったので)

とりあえずアルの方は置いといて。エドは何とかあの状況から抜け出すわけですが、

自分の命を削るという壮絶な覚悟も凄いんですけど、何よりあのシーンで、

グラトニーの腹の中でエンヴィーの賢者の石を使ったシーンを挿入するのが良いんですよね~

エンヴィーの石を使った時は、他人の命を犠牲にしたものを利用するということで、

罪悪感などから来る葛藤がかなりありましたが、その辛い経験すらも、

今回エドの自分の命を使うという感覚に活かされてるんだよな~と

ストーリーの巧みさに感心させられましたね。

どんなに辛いことがあっても、それを乗り越えてエド達は前に進んでるんだよな~みたいな。

さて。このあたりの話は、

自分の中でもとても印象に残っている部分だったので結構覚えてましたけど、

次回の話はどんなのだったかな~。予告の映像を見てもいまいちピンと来ないんですけど。

まあホーエンハイムのシーンについては分かりましたけどね…とりあえず次回も期待。

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS - ジャンル : アニメ・コミック

23:30  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.24 (Sun)

「戦う司書 The Book of Bantorra」第17話感想

いや~久し振りに熱い展開で面白かったですね。

最近ちょっと展開がダレてきたな~と思っていたので助かりました。

ようやく出てきたヴォルケンの存在も良い味出してましたね~

正義感や純粋さという点で、ホントに清々しいと思わされる面がある一方、

もうちょっとうまく生きろよみたいなことを思わないでもないんですけどね…

それでもばっちり主人公タイプなキャラクターっぷりでしたね。
(実際には主人公ポジションではなさそうですが)

で、ヴォルケン再登場に合わせて、1話の出来事の真相だったり、

7話ぐらいでヴォルケンが飛び出していった時のエピソード、

レナス・フルールの体の方の人格についてなど、いろいろと分かってきたわけですが、

様々な事実が繋がっていく感じや、だいぶ前から伏線を張っているところなど、

物語として上手に作っているな~と感心させられるんですが、

もう少しアニメであるということを意識して欲しいかな~とは思いますね。

小説ならページをめくるだけで、ああこのシーンはこういう意味だったのか

と確認したり出来ますが、アニメでは何週間も前の出来事ですから。

本なら一冊として評価されますが、アニメは30分ごとそれぞれに

ある程度の面白さが要求されますからね。

伏線なんだから放送当時に意味が分からないのは当然のこととしても、

もっとこう、その回の他の部分で頑張ってもらいたいというか…

他に十分見せ場があってこそ伏線がうまく隠れますからね。

まあそれはともかく、今回はミレポックが物凄くしっかりとヒロインやってましたね~

ヒロインというか恋する乙女的な方向でしたけど、

いや~これもヴォルケンの登場によるものですよね。

最後、かなり良い終わり方で続きがとても気になります。期待!!

テーマ : 戦う司書~The Book of Bantorra~ - ジャンル : アニメ・コミック

03:44  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.23 (Sat)

「おおかみかくし」第3話感想

いいやあぁあぁぁあああぁぁあああ~~~~

需要があろうとなかろうと、誰が何と言おうと、

いやぁあああぁぁぁああぁあぁぁぁああ 。°°・(;>_<;)・°°。

まあ真面目に見れば、

はっさくに本性を隠すような効果があるってことですかね。

作中で話題になっているぐらいだから、街の人間は実は狼人間だ~とか、

先祖に狼の血が~とか、真の姿は狼だ~とか。とにかく狼関連で。

で、はっさくの成分か何かに、

普通の人間状態を維持する鎮静効果のようなものがあるのかな~

一誠が飲んでいた薬は、その成分に似せたものって感じで。

ところで。予告の映像を見ると、次回も一誠の怪しげなシーンが映ってたんですよね~

これはもう、早く1話のクラスメイトのような

退場フラグを作ってもらうしかないかな(;^_^A

さて。深夜に起きている街の裏側、

みたいな部分については今のところ一切触れられませんが、

一誠がきっかけとなり、これからいろいろと分かってくるかもしれませんね。
(なんつーか、一誠がボロを出すって感じで(^^;)

次回も期待!

テーマ : 見たアニメの感想 - ジャンル : アニメ・コミック

09:22  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.22 (Fri)

「デュラララ!!」第3話感想

帝人が主人公ということでいいなら、がっつり青春ものの第1話という感じでしたね。

新しい土地に移り、これまでとは違う自分になろうとする少年。

巨乳眼鏡っ娘の委員長という完璧なヒロインキャラ。

で、キャラは軽いけど友達思いの友人がいて。街のトラブルに巻き込まれたりしちゃったり。

ナレーションも良い具合。

相変わらず何をやりたいのかはまだ分からない作品ですけど、雰囲気は面白いですね~

それと、前回受けた印象から臨也はラスボス系のキャラなのかな~と思ったんですけど、

意外と前面に出てくるキャラなんですね。

個人的には、ああいう飄々としたキャラは好きですが、

臨也の場合、面白いキャラで好き~でも好感度は高くない、みたいな感じですかね。自分的に。

逆に、好感度という点では静雄は良いキャラですよね~

OPだけでもキャラの特徴が出てるんですけど、ああいうシンプルなキャラは好きですね。

ところで未だに、物語として本編が始まったという気がしないんですけど、

次回はどんな内容になるんですかね。今の感じでも十分面白いんですけど、

全体的に少しふわっとした雰囲気で…

何かこう、一本筋の通った話に入って欲しい気もしますが、とにかく次回も期待!!

テーマ : デュラララ!! - ジャンル : アニメ・コミック

17:23  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(8)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.22 (Fri)

「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」第3話感想

これは……思ったよりも暗い物語だったりして(・_・;)

最後、生徒会長が襲われちゃいましたけど、

あれはどんな形にしろ無事では済まないような。

途中まで…というか、最後の会長のシーンまでは

普通にノリの良い展開だったんですけどね。

ミナが国のお偉いさん相手にダメだししているシーンと

アキラが追いつめられるシーンを交互に映すところは面白かったです、

うまくセリフが繋がっていたりして。

それから、ミナがアキラに記憶が戻ったかどうか聞くところで、

アキラの「まだ思い出せない」という言葉(ウソでしたけど)に

平静を装った風に大人な対応をしている姿を見て、

なんつーか…………可愛いじゃねぇか、と(///▽///)ゞ

見た目の幼さとは違う(まあヴァンパイアということで外見=実年齢ではありませんが)、

健気な感じというかね…なんか良いっ!!

まあとりあえず、次回気になるのは会長のことですね。期待。

テーマ : 見たアニメの感想 - ジャンル : アニメ・コミック

12:34  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(7)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.21 (Thu)

「バカとテストと召喚獣」第3話感想

明久と久保の間に嫌ぁ~なフラグが………ってか、久保くんはマジっぽいですけど( ▽|||)

今後あの流れがたびたび登場するようなら、少~し残念ですね(^^;

まあそれはともかく。今回、瑞希と美波に付き合わされて金欠状態の明久でしたが、

同じく映画館デートに付き合わされていた雄二の悲惨な姿を見ると、
(スタンガンと牛の死亡シーンのループでしたっけ)

なんだかんだで明久の方がまだマシなようが気が…

まあ、久保との間にそっち方面のフラグができたり、

なぜか乱入してきた美晴に殺されかけたりと大変な目にはあってますけどね。

そんな大騒ぎ展開の中、やっぱり秀吉の存在は一時的な癒し空間だったり。

正直、秀吉に関してはコスプレとかしないで、

あの自然体の状態の方がむしろ何か良いっ(〃∇〃)ゞ的な感じですけどね。
(普通に制服姿だとか私服だとか)

どうでもいいですけど、自分的に明久のコスプレについては、

今回瑞希や美波が見せたようなリアクションほどの何かは感じませんでしたね(;^_^A

次回も期待!!

テーマ : バカとテストと召喚獣 - ジャンル : アニメ・コミック

17:34  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(4)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.20 (Wed)

「君に届け」第15話感想

ベタですけど、くるみのポジションについては良いところに収まりましたね~

良かった良かったv(= ̄▽ ̄=)v

で。自分に正直なあり方だけが必ずしも良いものだとは思いませんが、

やっぱり素を出した状態でのくるみの方が魅力的でしたね。

これまでも可愛さだけは十分すぎるほどでしたけど、

中身でも素直に好感のもてるキャラになりました。

ところで、くるみも中学生時代になかなか辛い経験をしており、

今回の一件でくるみが完全に悪いとは思えないわけで…

たとえば、もし中学時代にくるみが勇気を出して風早くんに告白していたら

どうなっていたのかな~ということは考えちゃいますね。

実際には、くるみは風早くんへの想いを違う方向で発揮してしまったこと、
(ライバル排除だったり)

また、同じく辛い状況にあっても素直なキャラのままでいた爽子のことを考えれば、
(爽子は天然パワーもあったんでしょうけど)

やっぱり風早くんのことは仕方ないかな~とも思いますけどね。

あと、その風早くんについてですが。

これまで風早くんのイケメンっぷりに関しては、ベタな型通りのものだよな~

みたいな印象もあったんですけど、今回は彼の真のイケメンっぷりを垣間見た気がしますね。

くるみが告白した後の風早くんの対応ですけど、あの瞬発力は正しくイケメンだな~と。
(すぐに自転車から降りて、好きな人がいるからごめん、と謝ったところ)

他人からの恋愛感情に鈍感そうなキャラのわりに、あの反応は素晴らしかったですね。
(あれだけ繊細な気遣いが出来ながら、くるみとピンのことを勘違いしていたのはおかしい気もしますが(;^_^A)

つーか、イケメンカッコイイよ~と素直に思いました(〃∇〃)ゞ

さて。くるみ問題も解決し、爽子と風早の間にはもはや何の障壁もない気がするんですが…

これからどんな話になるんですかね(^^;

あとは二人が勇気を出して関係を詰めるだけだと思うんですけど、

それだけやるには残りの話数が多い感じですからね~

まあうまくやってくれると良いですね。次回も期待!!

テーマ : 君に届け - ジャンル : アニメ・コミック

22:55  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(4)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.20 (Wed)

「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」第3話感想

う~ん。いまいちノリ辛い話ですね。
(まあ、それは作品全体に対しても言えることなんですけど)

もう3話目ですからね…そろそろ一気に作品に引き込まれるような、

なんかこうガツンと来る話が欲しいんですけどね。

で、今回の話は~リオの回想がいろいろと意味深でしたね。

カナタが三日熱(だっけ?)で倒れた後の、

リオのヒステリック気味な焦り方はこちらが少し引くぐらいでしたが、

リオにも母親?のトラウマっぽいものがあるようですね。
(予想外に重い事情が(>_<))

加えて、リオの協会嫌い?についても、

回想シーンにその原因となっていそうな思いっきり胡散臭い男が…
(いや~マジで胡散臭い男でしたね( ▽|||))

このあたり、今後リオの過去についてやるのかやらないのかは分かりませんが、

回想だけである程度の事情を察することが

出来るようにしているのは上手いな~と思いました。

おまけに、カナタが小さい頃に出会ったお姉さんに関しても、

リオの回想にそれらしい人が登場してましたね。

いろいろと詰め込まれ放題な回想シーンでした(;^_^A

さて。今回旧時代の遺物であるタケミカヅチ?を動かしたことから、
(音楽再生用でしたけど)

現在のほんわか日常ストーリーだけでなく、

作品の世界観を活かした展開にもなるんですかね。

個人的にはそちらの方が楽しみですが。とにかく次回も期待!!

テーマ : ソ・ラ・ノ・ヲ・ト - ジャンル : アニメ・コミック

00:14  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.19 (Tue)

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」第40話感想

いや~今回はかなり見応えのある内容でしたね。

オリヴィエと大総統の迫力あるやり取りに始まり、

マスタング大佐とホークアイ中尉の暗号を使った会話シーン。

そして全ての始まりともいえるエピソードをホーエンハイムの回想で。

オリヴィエの肝の据わった受け答えと、

それぞれ監視され人質を取られている立場にもかかわらず、

情報交換をして反攻の機会をうかがうマスタング大佐とホークアイ中尉の二人には、

大総統が面白いと表現するのがよく分かる、

人間側のたくましさみたいなものが感じられて良いですね~

ホーエンハイムの過去が明らかとなった回想エピソードについては、

多少端折られた部分があるので、クセルクセスの人々がみんな消えてしまった時の

ホーエンハイムの喪失感に原作ほどのキツさは感じませんでしたが、

ホムンクルスの気持ち悪さは良い感じでしたね(-_-;

で、ホーエンハイムの秘密も明らかになったところで最後のCパート。

今回は全く出番がなかったとはいえ主人公には良いセリフが回ってきますね。

エドはまだ知らないわけですが、自分の父親が(ホーエンハイムに言わせれば)

人の形をした賢者の石であり、

おそらくそのサイズの石であればエド達は体を取り戻すことができるんでしょうけど、

それほどの大きさになると一体どれほどの人間が犠牲になったんだろう、

みたいなドロドロっとした現状の気持ち悪さというか…

最後のエドのセリフは良い味出してるな~と思いました。

さて次回は。甘さの代価がなんちゃらと予告で言っていたので、

そろそろエドぴーんち的なあの話がやってきそうですね。期待!!

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS - ジャンル : アニメ・コミック

00:30  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.17 (Sun)

「戦う司書 The Book of Bantorra」第16話感想

楽園管理者ってな~に?的な。

あの大きな木に関係してるみたいですけどね。

前回のラスコール・オセロの話とかも絡めて。

まあそのあたりは今後の展開に期待しましょう。

とりあえず今回、ハミュッツがミンスにユキゾナとユーリを同行させたのは、

ミンスの器?みたいなものを量るためだったんですね。

まあそんなものはミンスには全く関係ないわけで、

昔の仲間であるグレイズとのがっつりミンス主人公なお話でした。
(そういう深い事情も含めてハミュッツはミンスを試したんでしょうけど)

で、普通に良い話でしたね。

一応最後の結末には少し驚きましたが、
(ああいう時は許してしまうことが多い気がするので)

全体の感想としては、まあよくある話かな、と。

ああいう青い鳥的なストーリーというか…

求めていたものは始めから手に入れていた的な、そんな話。

この作品自体がそもそも地味な印象なので、今回みたいな無難な話をやられてしまうと、

かなりの具合で地味地味ぃっとした雰囲気になってしまう気が。

出来ればもうひと工夫ほしかったですね~ストーリーなり演出なりに。
(もちろん悪くはなかったんですけどね)

さて。次回はいよいよ…本っ当にいよいよという感じで、

ヴォルケン登場ですかね。これだけ引っ張ったんだから、

よっぽど凄い展開になるのかな~と期待も高まるわけですが…

期待しすぎてもあれなので、それなりに楽しみにしましょう。

テーマ : 戦う司書 - ジャンル : アニメ・コミック

01:05  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.16 (Sat)

「デュラララ!!」第2話感想

第1話は、登場人物の名前と

キャラクターの雰囲気を覚えるだけでいっぱいいっぱいでしたが、
(それすらも不十分でしたけど)

今回は普通に分かりやすい内容になってましたね。

不倫に関しての両親に対する気持ち悪さや、

臨也が女の子(名前忘れた)に向かって言っていた

心にグサグサ来る感じの言葉の一つ一つなどの、

あの雰囲気は良かったですね~

ああいう人間の内面に焦点を当てる感じのノリというか作風というか、

なんというジャンルと言うのか分かりませんが、

とにかくこの作品の雰囲気は好きですね。

ただ、面白かったのは良かったんですけど、

作品を通してのストーリーの本筋みたいなものはまだよく分かりませんね。

なにか最終的な到達地点はあるのかな~とか。目的地みたいな。

まあまだ2話ですからね。とりあえず次回も期待。

テーマ : デュラララ!! - ジャンル : アニメ・コミック

10:22  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(5)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.16 (Sat)

「おおかみかくし」第2話感想

やっぱりこの作品の世界観好きだわ~

まだストーリとしては仮初めの日常的なシーンばかりですが、

いつ裏側でのおどろおどろしい面が出てくるのかとドキドキしちゃいますね。

ちょっとずつ匂わせてくる感じが良い感じです。

今回だと、クラスメイトがスルーした嫦娥おおかみの話題を

かなめが言い出した時には、「この娘消されるんじゃ…」的な(=_=;

あと、今回新登場の五十鈴の兄の一誠ですが、好青年っぷりが胡散臭いですね~

次回の予告で一誠に関してめっちゃ楽しみじゃない映像が流れていたわけですが…

まあ普通に五十鈴の水着シーンを楽しみにします(;^_^A 期待!!

テーマ : おおかみかくし - ジャンル : アニメ・コミック

08:46  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.14 (Thu)

「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」第2話感想

なんだか前回よりもよっぽど第1話らしい内容でしたね(;^_^A

作品の雰囲気や方向性は分かりやすかった半面、

意外とよくある話なのかな~という無難な印象も。

アキラは小さい頃にヴァンパイアの女王であるミナと出会っていたようで、

少なくともミナはアキラに対して恋心に近い感情がありそうですね。

で、一族を率いていくミナをアキラが支えていく感じで、

バトルあり恋愛劇ありみたいな展開。

もうちょっと特殊な空気感のあるアニメかと思いましたが、意外と王道展開なのかも。

とにかく、第1話の雰囲気も良い感じでしたが、やっぱりこの作品面白そうですね。

次回も楽しみです、期待!

テーマ : ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド - ジャンル : アニメ・コミック

23:15  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(3)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.14 (Thu)

「バカとテストと召喚獣」第2話感想

ずいぶんとサクサク話が進みますね~

テンポが良すぎて…というわけではありませんが、

まだこの作品にしっかりと入り込めていないので、ちょっと置いてけぼり感が。

まあそれはともかく。

今回は一気にAクラスとの対戦となったわけですが、

正直バトル自体にはあまり興味が惹かれない感じ。

ってかAクラス代表の女の子が可愛かったです(〃∇〃)ゞ

演出が悪いというより、やっぱりあのシステムでは盛り上がりようがないような…

結局のところ点数が高い方が勝ちなだけですからね。

バトルものっぽくやっているシーンもありましたが、

結果が読めるので見ていてワクワクする感じではなかったです。

ということで、召喚獣バトルには面白さは見出すことはできなかったので、

やっぱりバトル前の策略みたいなところを楽しんでいくんですかね。

今回の雄二の作戦は面白かったですけど。オチまで含めて。
(相手のことをよく知っているからこその作戦でしたが)

ところで、1話を見て分かってましたけど、

秀吉プッシュはやっぱりあの方向で行くんですね(;^_^A

今回なんてAクラス対Fクラスのメンバーには入っていないのに、

戦いの合間合間でキャラクターの魅力を存分に発揮できていましたね。

まあ可愛かったから良いんですけど。

次回は~どんな展開ですかね。バトルはあまりいりませんが…とにかく期待!!

テーマ : バカとテストと召喚獣 - ジャンル : アニメ・コミック

16:59  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.13 (Wed)

「君に届け」第14話感想

やっぱりくるみのことは嫌いになれませんね~

爽子にとって、クラスに打ち解けるなどの

友達としての部分はやのちんやちづの存在が大きかったと思いますけど、

風早くんへの想いや恋心に関しては、くるみにかなり刺激を受けたと思いますからね。

ライバルというよりは、風早くんに恋するくるみの姿が眩しく見えたという感じで。

風早くんへの想いを自覚できたのは、多少なりともくるみによるところがあるのかな~と。

まあそれはともかく。

本音をぶちまけたくるみに対する爽子の反応は予想通りの内容で

特に驚きはありませんでしたね。次回のサブタイは「ライバル」でしたが、

今回の一件で爽子とくるみは風早くんをめぐっての良いライバルになるんですかね。

とりあえず予告の映像を見た感じだと、

これまで裏工作で風早くんに女性を近づけさせなかったくるみが、

そういう卑怯な手ではなく自分から直接風早くんに告白してぶつかっていく感じですかね。

とにかく、今回の話を見て改めて思いましたが、やっぱりくるみのことは嫌いになれないので

次回は好感度の上がるような行動があると良いですね。期待!!

テーマ : 君に届け - ジャンル : アニメ・コミック

23:40  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.12 (Tue)

「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」第2話感想

ずいぶんとゆっくりなストーリー展開ですね~

1話で作品の方向性だったり面白さがいまいちぼんやりとした感じだったので、

2話目ぐらいからガツンと来る掴みの良い内容に期待したんですけどね。

まあとりあえず登場キャラの雰囲気は分かりました。

あとはやっぱりストーリーの方が気になりますね。

キャラが意外に早い段階で打ち解けたことを考えると、

日常系(と言っても、この世界観での日常ですが)のほんわかアニメなんですかね。

軍隊所属ということでのシリアス路線や、

1話の民間伝承みたいな話で出ていた怪物?関係のファンタジーっぽさも

面白そうだな~と思ったんですけどね。

とにかく、主要キャラクターの紹介も終わったことですし、

次回からはストーリー面での魅力に期待したいですね。

テーマ : ソ・ラ・ノ・ヲ・ト - ジャンル : アニメ・コミック

23:35  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.12 (Tue)

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」第39話感想

おぉ~~OP・EDが変わりましたね。

個人的にはOPの動きのある戦闘シーンが好きですね、カッコイイです(≧∇≦)

で、今回の話は。

前回スカーがウィンリィを人質にとって~みたいなところで終わりましたが、

やっぱり打ち合わせ通りの行動でしたね。
(まあ直前の流れから考えてあの展開は不自然でしたから)

で、スカーを捕えてからのやり取りは見応えのあるシーンでした。

ウィンリィとスカー、マイルズ少佐とスカーの関係など、

それぞれが複雑な因縁を持っていて、様々な感情が交錯して。

エドだけでは、スカーとの協力関係は絶対に生まれなかったでしょうね。

狙い通りうまくウィンリィ達をブリッグズ軍基地に誘導できた感じでしたが、

敵もやるもので北方司令部は安全場所ではなくなってしまいました。

それで吹雪の影響を受けないアルが連絡に行ったわけですが、

アルの唯一の弱点となりそうなことが明らかに~ということで、

鎧に定着させている魂が元の肉体に引っ張られるという現象が。

これは終盤に入って現れてきたことですが、

まあ以前にアルと同じ体の鎧殺人鬼(ナンバーなんちゃら)に

「いつ体が拒絶反応を起こしてもおかしくない時限爆弾みたいなものだ」

というようなことは言われてましたからね…それが今来たということでしょう。
(物語はクライマックスですから)

続きは気になりますが、とりあえず次回は話が変わりそうですね。

ホムンクルスが誕生した時の話ということで…ホーエンハイムの回想(だっけ?)。

この話で、謎ばかりのエドの父親についてある程度の事情は明らかになりますね。

次回も期待!!

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS - ジャンル : アニメ・コミック

05:10  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.12 (Tue)

「戦う司書 The Book of Bantorra」第15話感想

物語の核心に迫るキーワードが出てきた感じでしたね。

「武装司書と神溺教団はある一点において協力関係にある、

天国の秘密とラスコール・オセロのことだ」みたいなセリフのところ。

どちらも今後の重要な要素らしいことが分かっただけで

あまり詳しい話はありませんでしたが、

マットアラストはかなり深いところまで分かっていそうな感じでしたね。

あと、ハミュッツについても、

前に神溺教団の、あの透明?な人と話しているシーンがあったし、

今回の回想で先代の館長?館長代行?が神溺教団と繋がっていたことを考えると、

少なくともマットアラストと同程度には事情を知っていそうですね。

最後、ミレポックとアルメが共闘するような形でラスコールを倒すところや、
(まあラスコールを倒せたわけではないようですが)

その後の対決シーンなど、

ベタというか王道展開の一つとして悪くはなかったと思うんですけど、

もうちょっとミレポックとアルメの二人の関係に時間を割いてくれれば

さらに良かったかな~と思いました。

…まあそれはともかく。

今回の話、最初の方でミレポックが、

記憶を失っているはずのヴォルケンのことを感じさせる言動をとっていたので、

「おっ、いよいよヴォルケンの出番か!?」と期待したんですけどね~違いました(;^_^A

いつになったら再登場してくれるのか…

とりあえず次回は、心の中を読みとれる?ような能力を持った

武装司書がメインな感じですかね。とにかく期待!!

テーマ : 戦う司書~The Book of Bantorra~ - ジャンル : アニメ・コミック

01:55  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.08 (Fri)

「おおかみかくし」第1話感想

これはなかなか自分好みな気配が(≧∇≦)

怪奇ものというか、ホラーなストーリーっぽいところにビビる部分はありますが、

とにかく面白そうです。

誰がヒロインなのかまだよく分かりませんが、

女の子キャラもみんな可愛いくて良い感じ(〃∇〃)ゞ

どうでもいいですけど、OPからの謎のはっさく押しがありましたが、

この作品における重要なアイテムだったりするんですかね(;^_^A

まあそれはともかく。

最後、男子生徒が一人消え、すでにただ事じゃない展開になってますが、

とりあえず次回も期待。

テーマ : おおかみかくし - ジャンル : アニメ・コミック

13:26  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.08 (Fri)

「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」第1話感想

無駄に本格的な特番でしたけど、

一応、話の流れ的に意味のあるものだったんですね…(;^_^A

番組に出演していた俳優が実はヴァンパイアで、

しかもヴァンパイア社会のルールを破るような通り魔的なことを繰り返していたようで。
(たぶんそんな感じだったはず)

まあその程度の流れなら1話丸ごと特番なんて構成にはならないんでしょうが、

最後にカメラを通じて、主人公っぽいヴァンパイアのお姫様が

東京のどこかにヴァンパイアの王国を作るとか何とか。

ヴァンパイアものということで、人間社会の裏側で繰り広げられる~的な

ダークな話かと思ったら、意外とがっつり表舞台に出てくる感じなんですかね。

とにかく、1話目としては良い感じに続きが気になる面白そうな内容でした。

次回も期待!!

テーマ : ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド - ジャンル : アニメ・コミック

02:18  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.07 (Thu)

「バカとテストと召喚獣」第1話感想

とりあえずノリは面白かったです。

…でも、何というか、特に感想はない感じ(;^_^A

まあまだ1話ですからね。

この後、順番に階級を上げていくのかと思ったら、

次回でいきなりAクラスが来るようですし…

1クールなのか2クール作品なのか知りませんが、

今後どのような展開になるんですかね。

いまひとつ見どころが分からない感じですが、

とにかく次回も期待!!

テーマ : バカとテストと召喚獣 - ジャンル : アニメ・コミック

14:12  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.06 (Wed)

「君に届け」第13話感想

いや~、今まで裏でこそこそ動いてきただけに同情はしませんが、

くるみにとっては散々な回となりましたね(^^;

ピンに誤解され勝手に振られて、しかもそれを風早くんに見られて。

それから爽子絡みでの行動も矢野ちんにしっかりとバレちゃって。

最後のシーン、あそこからさらに爽子による矢野ちんばりの追求が始まるとは思えないので、

爽子の天然・大らかな発言があって、恋敵だけど友達みたいな関係になるんでしょうね。
(さすがの王道展開といった感じで)

くるみの件が片付けば、後はもう爽子と風早くんの二人だけの問題ですが、

こちらはこちらで、今回爽子が風早くんへの想いを自覚したことで、

もうはっきりとした両想い状態になってますからね(;^_^A

どちらかが一歩踏み出すことでめでたしめでたし、みたいな。

二人がくっつくことが作品の終着点なのかな~と思っていましたが、

その先もあるんですかね。2クール作品ということなら、まだ折り返し地点ですから…

とりあえず次回はくるみに注目。期待!!

テーマ : 君に届け - ジャンル : アニメ・コミック

17:19  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。