2008年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.31 (Wed)

「ヴァンパイア騎士 Guilty」第13話感想

あっさりとした最終回。

ラスボスの李土は軽く倒されちゃいました。

で、優姫と枢先輩は旅立ちました。零は一人ぼっちですかね。

一応ハッピーエンドってことなんでしょうが、

優姫・枢先輩・零の三角関係は結局どうなったのかよくわかりません。

あと、一条先輩のほうはどうなったんですかねー?おじいさんと対峙してましたけど。

他にも、ハンター協会の問題とかをスルーして終わっちゃったので、

なんだかいろいろ消化不良な気分ですね。

まあいいんですけどね。個人的には、『優姫と枢先輩がくっついてくれぇ!!』

という結末だけを願って、ここまで見てきたので。

あの終わり方を見てどう思うかは人によって違うと思いますが、

僕は勝手に『優姫・枢先輩おめでとー』というEDだと思い込むことにします。

・・・うん。やっぱり、ハッピーエンドが一番ですからね。

まあ、この作品で一番・・・・・・

というか断トツで好きだったのは緋桜閑さんですけどね。
スポンサーサイト

テーマ : ヴァンパイア騎士 Guilty - ジャンル : アニメ・コミック

17:36  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.30 (Tue)

「屍姫 赫」第13話感想

・・・あれ?

最終回だと思って見ていたんですが・・・んん?

たぶん、最終回のはず!!の第13話+全体的な感想。

2期目があるらしいので、間を置かずに繋げるってことですかね。たぶん。

で、その内容ですが―――――酷い、としか。

え~とですね、用語解説と映像総集編みたいな内容でした。

自分的に、この作品は始めの2~3回を見た時点で見るのをやめるつもりだったんですよねー

ただ、何かしら感じるものがあり、ここまで見続けてきました。(流し見る程度ですが)

で、8話あたりから「あ、面白いかも」と思い始めて・・・

そしてやって来た、先週の第12話!!!!

最高でした。見続けてきた甲斐がありました。

景世が死んじゃう悲しい回でしたが、熱くて切ない!!

景世はかっこ良かったですねぇ~ホントに。

あと、敵側にいる背信僧?も、ただの裏切り者って印象ではなくなりましたね。

最後にオーリを助けてくれたし。(景世への未練という形で、ですが)

ともかく、素晴らしい内容だった第12話。

そこから続いた今回。すごく楽しみにしてたのになぁ・・・

まあいいか。

今回のお話では、感想も何もあったものではないので、

さっさと2期目に気持ちを移して、と。

とにかく、変な最終回でした(ホントに最終回かな?)。以上。

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

22:28  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.30 (Tue)

「伯爵と妖精」第12話感想

少し前になりますが、「伯爵と妖精」最終回の感想です。

・・・めでたしめでたしって終わり方。

敵は生き残っているようなので、いつかは2期目があるかも。

まあ、やってもやらなくても、どちらでもいいですが。(興味がない、ってわけじゃないですよ)

こちらが驚かされるような急展開を迎える物語ではなかったので、

まったりまった~り見ることができる、心休まる作品でした。

リディアとエドガーのカップルは素敵ですが、

個人的にはニコとレイブンのコンビが好きでしたね。

ニコに対して丁寧に接するレイブンの態度が可愛くてね。

今思うと、物語に、はっきりとした決着がついていない曖昧なラストだったような気もしますが、

文句はないですねー。

そういうのが気にならないぐらい、ホントに穏やかな作品でした。

テンションが上がりまくるアニメも大好きですが、

「伯爵と妖精」のような、まったりアニメも貴重だな~と気づかされました。

・・・うん。いい作品でした。

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

21:06  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.28 (Sun)

「機動戦士ガンダム00セカンドシーズン」第13話感想

次回第14話は1月11日。

来週は~たまたま見忘れた人に捧ぐ~特番ね・・・いらないなぁ(;^_^A

あと、お年玉プレゼント企画の問題は、妙にリアルだなぁ~っと。

「CB全員の力でメメントモリを破壊した」とかじゃないんだ・・・

とまあ、そんな話は置いといて。

第13話「メメントモリ攻略戦」

ストレートなサブタイ通り、30分まるまる攻略戦。

・・・うーん。自分的には、内容がちょっと物足りない感じ。

「相変わらずトランザムはすげぇなー」って印象だけかな。

あと、今回、ちょっぴりネーナの出番がありますが、

彼女もよくわからない存在ですね。王留美の命令以外にも、

個人的な目的から動いてるっぽいんですが。

まあとにかく、みんなの力でメメントモリ破壊。

大量破壊兵器ではありましたが、意外と呆気なく壊れちゃいました。

まあ硬かったですけどね(ティエリアの一発目で破壊できたと思っちゃいましたから)

性格悪そうな男(殲滅戦が好きとか言ってる)もついでに死亡。

敵キャラとしては、“嫌味なキャラ”具合がなかなかのものでしたが、

メメントモリ同様、呆気ない最期でした。

不安なのは、セルゲイ大佐のところに現れた男。
(名前はなんだっけ?ってか、既出のキャラなのかな)

な~んか嫌な予感がするキャラです(個人的な偏見ですが。)

セルゲイ大佐を戦争の前線に引っ張り出したりしてね。

そして、大佐が死んじゃう(><;)!!   みたいな

――さて。次回は、戦闘メインの話ではない・・・かも?

よく覚えてませんが、予告によると刹那が誰かに会うんだったかな?

まあ、2週間先になっちゃいましたけどね

楽しみに待ってまーす(^O^)/~~~

テーマ : 機動戦士ガンダムOO - ジャンル : アニメ・コミック

18:49  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(11)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.27 (Sat)

「鉄のラインバレル」第13話感想

もっ・・・燃える!!!Ψ(`▽´)Ψ

これだよ、これ!!こういう展開、僕大好きです!!!

いや、もちろんギャグ回も面白いですよ。

ただ、今回のような展開はテンションが上がる上がる(≧∇≦)

―――前半は、前回の理沙子とのキスが意外と尾を引く感じ。

学校・JUDAの人たちが、小学生みたいなノリに・・・

個人的には、美海のリアクションが一番好き。「がっかりだな・・・早瀬くん」ってやつ。

すれ違いざまの一言ですが―――――――最っ高v(= ̄▽ ̄=)v

あと、絵美が浩一に対する感情に戸惑っていたりしたので、

今回は恋愛要素多めの内容になるのかなーと思っていたら、

森次の裏切りにより、石神社長が大変なことに。

いつもはバカなことやって死にかけてますが、今回はホントにピンチな感じ。

で、浩一と森次の戦闘開始。

いいなぁ~やっぱり戦闘シーンはカッコ良いなぁ~@(>_<)@

浩一は負けちゃいますが、城崎絵美がまさかの参戦。

しかもカッコ良い。ラインバレルが黒くなり、

空間転移?を使った、なんかすげぇ戦いでした!!

ただ、絵美の負担が大きいようで、すぐにダウン。そして次回へって感じ。

・・・・・・イイ(///▽///)ゞ

これから、ドンドンこういうシリアスな感じでやってほしいです。

というわけで、正月明けが楽しみになる、第13話感想でしたー

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

14:23  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(4)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.25 (Thu)

「とらドラ!」第13話感想

青春最高!!と叫びたくなった第13話。

いや~なんかわかんないけど、熱い展開でしたねー

っていうか、みんなカッコ良いよ!輝いてるよ!!(大河の父を除いて)

竜児は、おっさんの本性を見抜けなかった自分を責めてましたが、あれは仕方ないって。

父親がいない竜児にすれば、多少強引なやり方であっても、

「一緒に暮らそう」なんて言われたら信じてあげたくなるでしょうから。

大河は大河で、前に一度裏切られていても、信じる、と。

実の父親だもんね。さすがに、完全に信じ切っていたということはないでしょうが、

それでもやっぱり、期待はしていたのかな。最後の最後まで。

みのりんは、どこまでもどこまでも大河の親友。最強の親友、みのりんでした!!

今回、出番が少なめだった亜美と北村くん。

まあ、亜美はプロレスショーやミスコンの司会で普通に楽しんでましたけどね。

北村君に関しては、なんだか微妙に生徒会長との間に良い雰囲気が・・・

流れかけたような、そうでないような曖昧な感じ。

・・・ともかく。最終的には、いい感じで終わった文化祭編。

大河のおっさんは、メールで、しかも他人経由で「行けない」と伝えるという、

ホントに最悪な印象を残したまま、とうとう画面に映ることはありませんでしたが、

本当にそういう人なんですかねー?

竜児じゃないですけど、あれだけ人の良さそうな外見をしていると、

ついつい信じたくなっちゃうんですよね。「何か事情があるのかも」って。

・・・まあ、そんなことも無いか。

さて。相変わらずギャグとシリアスなシーンの混ぜ具合が素晴らしい「とらドラ!」。

次回以降も期待大!!

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

13:01  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(7)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.24 (Wed)

「あかね色に染まる坂」第12話感想

一応全部見ていたので、最後だけ感想を。

正直、最終回が一番微妙だったかも・・・と思ったり思わなかったり。

最終回直前あたりから、強引にシリアスな三角関係っぽい展開になっていきましたが、

結局よくわからない締め方でしたねー。ってか、最後元通りじゃん、みたいな。

まだ、最初のほうのチープなラブコメみたいな感じのほうが良かったかなー

え~と。

12話全部見たはずなのに、内容がほとんど思い出せないなぁ~ってね。

まあ、出てくる女の子がみ~んな可愛かったから、

それでいっか( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)

よし。

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

22:49  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.23 (Tue)

「喰霊―零―」第12話感想

終わっちゃいましたね~( ̄▽ ̄)ゞ

まるで2期目がすぐにでも始まるような終わり方だったので、

全然、最終回を見終わったって気分になりませんね。

ってか、神楽とケンちゃん?を主人公にして、

青い蝶の子供がラスボスってことで、2期目やってくれないかなー

・・・まあ、それはともかく。

神楽と黄泉の戦いも遂に決着。

ここまで、神楽と黄泉が出会ってからを、

それぞれの心情を交えて丁寧に描いてきた物語だけに、

戦闘中にフラッシュバックされる黄泉との思い出は、心に響くものがありましたね(ノ_・、)

戦闘シーンは、激しくカッコ良くというより、

バックに流れてる悲しげな音楽と神楽の感情が相まって、切ない演出でした。

ナブーと顔に傷を負ったおじさん(名前忘れちゃった)もいい感じでしたね。

まあ出来れば、あのポジションにはのりちゃんが来てほしかったんですが・・・

ってか2年後ののりちゃん・・・終わってるぜ┐(´~`;)┌

ヘタレてるのりちゃんなら、まだ我慢できたのに。チャラけた占い師って。

どうして清々しい2年後の映像に映り込んじゃったんですか・・・

あ!そういえば、室長と桐ちゃんは生き残ってたんですねー

桐ちゃんは精神に障害が残ってしまったようですが、

まあ生きているなら、ね。

―――1・2話を見た頃は、

「え・・・このアニメどうなっちゃうの?特戦四課の皆さんは!?
 この制服の女の子誰?つーか特戦四課は!!
 俺は特戦四課の活躍が見たいんだっての!!」って感じだったんですけどね~

最終的に、こんなにいい作品なってくれると、あの1話目も今となってはいい思い出です。

放送前から期待していた「喰霊―零―」。

期待した内容(特戦四課の活躍を描く!!って宣伝だったのに)と方向性は異なるものの、

素晴らしい内容でしたd(^-^)b       2期目やってくれないかな~

テーマ : 喰霊-零- - ジャンル : アニメ・コミック

14:38  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(5)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.21 (Sun)

「機動戦士ガンダム00セカンドシーズン」第12話感想

少年・少女の裸シーンから始まる第12話。

別にあのシーンってパイロットスーツを着ていてもいいんじゃないのかなー

まあ、それはともかく。

ダブルオーライザーの機体性能がおかしいって( ̄Д ̄|||

イアンさんが「無敵だ」って言うのもわかります。

量子化ですか・・・スゴイデスネー(¬_¬)

そして、ダブルオーライザーの強さ以上にヤバいのがルイスと沙慈の関係。

マズイ。ルイスの方向性が、か~な~りヤバい。

今の沙慈・ルイスみたいなパターンで、

過去にどれほどの悲劇が生まれたことか。

・・・不安だわ。彼らの今後がめっちゃ不安。

ところで、今回の話を見ていて、ふと思ったのですが、

沙慈が主人公っぽく見える。今回の葛藤シーンのあたりとか特に。

ルイスもヒロインとして、なかなか悪くない活躍っぷり。

『突然、それまで当たり前のものであった日常から投げ出された恋人たち。

過去の思い出を胸に、お互い別々の道に進む。

やがて訪れる、戦場での邂逅・・・それは敵同士として。』

みたいな!!まあ、ありきたりですけどね(〃∇〃)ゞ

それにしても・・・刹那は地味ですねぇ~。(機体は目立ってますが)

今週のマリナさんは、シーリンさん達の会話に聞き耳立ててるシーンだけだしなぁ~。

う~ん。マリナさんの活躍は諦めて、沙慈・ルイスに期待しようかな。

テーマ : 機動戦士ガンダムOO - ジャンル : アニメ・コミック

18:19  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(10)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.21 (Sun)

「テイルズ オブ ジ アビス」第13話感想

いい話だな~。

ナタリアは本当の王女さまではなかったけど、

国民は、ナタリアが王女として人々のために頑張ってきたことを分かってたんですね~。

それに比べてお父様は・・・(;¬_¬)

あと、モースは本当にいいキャラですねぇ~

あの卑しいニヤケ顔が、あいつの雑魚キャラっぷりを見事に表していると思います。

ストーリー展開がトントントントン進んでいきますが、まあ仕方ないですかね。

この後も、まだまだイベント盛り沢山ですから。

・・・うーん。RPGゲームが原作のアニメは大変だわ。

テーマ : テイルズ オブ ジ アビス - ジャンル : アニメ・コミック

16:01  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.20 (Sat)

「鉄のラインバレル」第12話感想

・・・なんだこれ。

って感じで、敵味方入り乱れてのギャク回。

巨大なイカがヌメる触手を武器に襲い来る第12話。

加藤久嵩と石神社長が言葉を交わすところは真面目な感じ。

そして、最後のシーンによると、桐山が加藤機関と繋がってるっぽい様子。

・・・・・・まあ面白かったですけどね。

ただ、個人的には、もう一押し欲しい印象。ギャグで一話通すなら、ね。

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

15:11  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(5)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.18 (Thu)

「とらドラ!」第12話感想

プロレスのあたりこそ、いつも通りギャグな感じでしたが、他の部分はシリアス!!

・・・いや、シリアスというか、マジな青春ものって感じ。

まず、今回は、みのりんが笑いを取りに来ていない(・_・;

親友のことを心から心配する、素敵な女の子に。

川嶋亜実は、一歩先を行く人生の先輩的な感じで竜児にアドバイス。

北村くんは・・・・・・いつも通りでしたね。

大河の食べているクレープを横からパクって・・・さすがです。

大河は父親からの連絡を待っていましたが、

結局、連絡はなく、父親は文化祭にも現れず、と。

竜児はみのりんを怒鳴りつけてまでおっちゃんを信じていましたが、

どうなっちゃうのかな~。

ってか、おっちゃん責任重大だよ。

大河・竜児・みのりんの3人にシリアスな顔させやがって。

どうすんだよ、おっちゃん!!ってか、なんで来ないんだよ!!

さて。親と子の葛藤を描く本格青春アニメ「とらドラ!」文化祭編も、

次回で終了・・・なのかな?

大河とお父さんの関係は!?竜児とみのりんの関係は!?

次回、大河のおっちゃんに注目。

テーマ : とらドラ! - ジャンル : アニメ・コミック

14:18  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(8)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.16 (Tue)

「喰霊―零―」第11話感想

のりちゃん・・・ヘタレすぎだよ(=_=;)

前回、黄泉を殺せなかったのは、まだわかる。

そりゃあ、辛い。それにまだ若いもんね、のりちゃん。

でも、今回のあの姿は。がんばろうよ。

のりちゃんより出番少なめなナブーや室長達が、

儚く(でもカッコ良く)散っていったのに・・・いいのか、のりちゃん。

つーか、おとぉぅぅううさぁぁあぁぁあん 。°°・(;>_<;)・°°。

これまで出番は全然なかったけど。

伝わってきたよ!!!僕にはわかりますよ、お父さん!!

不器用だけど良いお父さん、的なオーラがね。画面からぐわんぐわん、と。

最期に、ようやく親子らしいひと時を過ごせた神楽とお父さん。

そして、神楽は選ぶ。・・・のりちゃんでは到底かなわないカッコ良さがここに。

上半身裸のマイケルでさえ、その場の雰囲気に乗っかりカッコ良く見えます。

次回は、神楽の決意を見届ける回・・・かもしれない。

そして―――サヨナラ、のりちゃん(TOT)/~~~

カッコイイのりちゃんは・・・もういない。

テーマ : 喰霊-零- - ジャンル : アニメ・コミック

21:10  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.14 (Sun)

「機動戦士ガンダム00セカンドシーズン」第11話感想

リアンちゃん?のパパとママがぁぁ~~~。

そして、前回巻き込まれそうになっていたセルゲイ大佐はギリギリセーフ。

つーか、メメント・モリの破壊力(・_・; 大地をえぐっちゃったよ。

とまあ、衛星兵器のことは置いといて。

アロウズに先手を打たれ、CBは攻撃を受けます。

ガンダムの機体性能の優位性が分からなくなるぐらい、

強い敵(イノベイターのやつとか)が出てきて、

「うわ~めっちゃ苦戦してるじゃん」
「ガンダムって・・・ホントに強いのかな?」

とか思ってたら!!

・・・なるほどね。苦戦はオーライザー活躍を目立たせる演出でしたか。

今回はルイスの上官を倒しただけで終わりましたが、

次回は圧倒的な強さを発揮するんですね、きっと。

ってか、沙慈やべぇよ、失神しちゃうよ意識がぶっ飛んじゃうよ( ▽|||)

あれって、パイロット経験のあるマリーが行けば良かったんじゃない?

と思ったけど、まあ、ルイスイベントがあるなら仕方ないですね。

ってか、何ですかね?最後の、あの「声が聞こえる」ってやつ。

どうやらオーライザーは脳量子波に影響を及ぼすようなので(マリーとかアレルヤを見てると)、

そこらへんの影響で、ああいう現象を起こせるんですかねー

なんか・・・ロマンチック?な現象ですね。恥ずかしいけど。

戦場で、敵味方関係なく裸でご対面って。

オーライザーで戦うたびに、あれを見せられるんですかね。嫌だわー(>_<)

そして・・・自分的予想。次回はめっちゃ面白い回になる気が!!(☆_☆)

まずね、オーライザー付きOOガンダムの大活躍でしょ~。

その強さにテンションを上げさせられるわけですよ。

で、沙慈とルイスの切ないイベントね。ここで、しんみりするわけです(ノ_・、)

・・・ということで、次回はかな~り盛り上がるはず!!

あっ・・・忘れてました。本編での出番が絶望的なまでに少ないので、

せめてここぐらいでは、マリナさんの話題に触れておかねば。

・・・・・・マリナさんってピアノが弾けるみたいですね。

素敵なことです。出番が増えたらもっと素敵なことですが(ノ_・、)/~~~"

テーマ : 機動戦士ガンダムOO - ジャンル : アニメ・コミック

18:36  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(10)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.14 (Sun)

「テイルズ オブ ジ アビス」第12話感想

突然ルークに襲い掛かるガイ。

どうやら以前シンクにつけられた譜術(カースロットだっけ?)が原因らしい。

そして、ガイの過去が明らかに。ホド島に領地を持つマルクトの貴族でしたー、と。

・・・うん、知ってる(・_・;) ゲームやったから。

先週の大佐の過去が語られる回に引き続き、今回はガイですか~

そして、予告の映像を見ると、たぶんは次回はナタリアの秘密がぁ~~って感じですね。

物語は、いよいよ後半部に突入ってあたりですかね。

みんなの秘密や過去が明らかになり、ストーリーも深みを増していくわけです。

・・・そういえば、マルクト軍のフリングス少将が登場しましたね。

出来れば、フリングスとキムラスカのセシル少将のサブイベントを

アニメでも取り上げて欲しいですねー。ってか、絶対やってほしいなー

次回は、ナタリアさんに注目ヾ(o‥o)

テーマ : テイルズ オブ ジ アビス - ジャンル : アニメ・コミック

16:00  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.13 (Sat)

「鉄のラインバレル」第11話感想

なんとなくですが、軽く最終回っぽいノリの第11話。

最終決戦!!・・・みたいなね。

敵の王政陸は、なかなか強かったですねー。

戦闘中、陸が映る画面は肉にかぶりつく顔だけで埋まっていたので、

爽やかさに欠ける戦いでしたが・・・(=_=;)

そして、浩一はすっかり正統派主人公に。今では地球を背負う男です。

で、サトルと一緒に正義の味方として歓声を浴びつつ地球に帰還。

JUDAのクリスマスパーティーで、浩一は絵美にプレゼントを贈ります。

しかも、中身は普通に素敵な物。

てっきり、くだらないものを送って「あなた最低です」的なオチかと思ってました。

この前、「私のことは名前で呼んで(*^-'*)>」的なイベントが発生した美海に対しては、

特に何もなし。うーん・・・もったいない。

幼馴染パーティーにも何とか出席。よかったよかった(´ー`)

次回はギャグ回な感じ。

南国でバカンス!!・・・っぽいので、良い感じのバカ騒ぎに期待。

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

18:16  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(8)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.11 (Thu)

「とらドラ!」第11話感想

脇役たちが輝く回 ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ

まず、以前から面白いやつだなーと思っていた春田なんとか。

男子全員で過半数を押さえよう、という知的な一面を見せておきながら、

最終的にくじ引き抽選という選択肢を選んだ、面白い人。

うん・・・ナイスなキャラです!!(o^_^)b

そして。三十路の先生、ゆりちゃん!!(のりちゃんだったかも)

たしか初登場の時は、気弱な感じで大河にビビってましたが、

しばらく見ないうちに負のオーラをまき散らす存在に・・・

・・・いや、三十路であれなら十分可愛いでしょ。(どうでもいいことだけど)

ゆりちゃん可愛いよ~~~~~~~(≧∇≦)

さて。文化祭のお話は、前編・中編・後編に分けるっぽい。

ってことで、文化祭本番の話は次回からなのかなー?

・・・というか。すっかり忘れてました、大河の境遇。

そういや~1話のあたりで言ってましたね~なんかいろいろ(全く覚えてませんが)

最後のほうなんて、すっかりシリアスな雰囲気に。

「俺の父親はもう帰ってこないんだ!!」的なセリフまで飛び出す展開。

・・・あれ。この後どうなるんだろ。楽しい文化祭は~?

ラブコメ要素全開のお祭り騒ぎとか期待してたんですけど~

これまで以上に、みのりんのはっちゃけ具合を楽しみにしてたんですが~

まあいいや。

この先どうなるのか全くわからないけど、絶対面白そうですからv(。^_^。)v

テーマ : とらドラ! - ジャンル : アニメ・コミック

14:24  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(7)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.09 (Tue)

「喰霊―零―」第10話感想

ついに話が繋がったぁぁ~~~~~!!!!!!!

今回放送した分には、2話目(ぐらい?)の内容がある程度入ってましたねー

『ちょっ!?いくらなんでも前と同じシーン映し過ぎだろ・・・』

って思わないわけでもないんですが、まあいいんですよ。

というのも、ここまで、7話(ぐらい)にわたって黄泉と神楽の物語が描かれてきたわけで~

それを見てきたからこそ、いろいろ思うことがあるわけで~

同じシーンを見ても、印象が全然違うんですよね~

「愛するものを、愛を信じて殺せるか」って言葉が、ようやくしっくりくる感じです。

つーか、のりちゃんはホントに“意気地なし”だったな~(ノ_<、)

そりゃー辛いとは思うけどさ。婚約者だし。本当に愛してるならさ~

ってか、愛してるからこその、上のキャッチコピーでしょ?みたいな。

ということで、個人的には、神楽よりものりちゃんに何とかしてほしかったかも。

絶対に楽しい内容にはならないでしょうが、次回もしんみり期待。

テーマ : 喰霊-零- - ジャンル : アニメ・コミック

20:39  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(4)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.08 (Mon)

「テイルズ オブ ジ アビス」第11話感想

舞台はジェイドの故郷、ケテルブルグ。

今明かされる衝撃の真実!!

あのドス黒くてドSな微笑みの裏に隠された悲しい過去とは!?って回。

・・・ふむ。

フォミクリーという技術を生み出したジェイドと、レプリカであるルーク。

意外と縁の深い関係ですねー(暗い繋がりではありますが)

ラストに、マルクトのピオニー陛下がニヤリと口元アップ。

・・・あれじゃあ、黒幕の映り方になるでしょΣ(><;)

テーマ : テイルズ オブ ジ アビス - ジャンル : アニメ・コミック

20:00  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.07 (Sun)

「機動戦士ガンダム00セカンドシーズン」第10話感想

おいおい。Cパート?でいろいろやりすぎだろ・・・

前回の予告に大佐が映っていたのを見て、

漠然とした不安を感じたわけですが、マジで死にそうになってるじゃん( ▽|||)

やめてよね~。あれでセルゲイ大佐死亡とかはホントやめて!!

で、OOガンダムはオーライザーによって凄いことになったらしい。

まあ、絶望的なまでにサーシェスとの実力差がある以上、

理論的限界値を超えるくらいの機体性能は必要なんでしょうね。

そして楽しみなのが、ハレルヤが復活したっぽいこと。

もちろんアレルヤも好きですが、戦闘シーンではハレルヤのほうが、

カッコ良さそうですから。荒っぽいところがねΨ(`▽´)Ψ

そして。かわいそうなのがコーラサワーの扱い・・・

「勝手に入ってくるな」と「うるさい」だって。

以前はもうちょっと可愛がられてる感があったんだけどなぁー

で、同じくらい、マリナさんの扱いも微妙。

マリナさんはヒロイン・・・に、まだなれるはず!!

今は保母さんでいいですよ。終盤は凄いんですから。きっと。

あとは・・・CBに新メンバーが加入。

王留美がスカウトしてきたようですが―――怪しい(;¬_¬)

まあいいけど。

次回は「ダブルオーの声」・・・声?

イアン曰く“無敵”のオーライザー付きOOガンダムの活躍に期待。

・・・ってか、忘れてました。とんでもない破壊兵器が出てきましたねー

名前は忘れました。詳細も不明です。ということでスルー。

テーマ : 機動戦士ガンダムOO - ジャンル : アニメ・コミック

18:18  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(8)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.06 (Sat)

「鉄のラインバレル」第10話感想

かっけぇー(≧∇≦) 宇宙だよ、宇宙!!

クリスマスに、宇宙で、軍事衛星を破壊しちゃうんだよ。

いいねぇー。これぞ“ミッション”って感じ。カッコ良いよー、JUDAの皆。

ところで。前回に続いて、相変わらず森次さんは眼力全開のピリピリした感じですが、

まあ、いいんじゃないですか。根はいい人っぽいから。

それに、この件をきっかけに山下サトルと浩一が仲良くなれそうだしね。

そしてそして。

もっとも重要なイベント、矢島ん家でのクリスマスパーティー。

ぜひ参加してもらいましょう、浩一くんには!!!

みんな大好き、矢島・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・

のお母さんと妹に寂しいクリスマスを過ごさせるわけにはいきません!!

幼馴染パーティーのためにも、次回の浩一くんの頑張りに期待です。

個人的には、予告にあった、矢島との思い出の回想シーンに注目(☆_☆)

いったいどのようなシーンで、矢島との記憶がよみがえるのか!?

とにかく矢島は大好きだぁ~~~

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

13:59  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(8)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.04 (Thu)

「とらドラ!」第10話感想

ええーΣ( ̄□ ̄;) わかんねぇわかんねぇ。

竜児の恋の行方がわかんねぇよ~~~

この際、みのりんが実はホラー大好きだったっていうオチは置いといて・・・

亜美の言ってることもわかるんですよねー

憧れだけじゃダメ、対等になれない、とかなんとかってやつ。

ってことで、みのりんではなく亜美とくっつくことになるなら、それはそれでいい感じ。

でも、最後のあたりの、竜児を見る大河の視線も意味深な感じでしたよねー

とは言っても、相変わらず大河は北村くんに照れまくりだしな~

う~む( ̄人 ̄)いったいどのような結末を迎えることになるのか。

まあでも、つき合うことがわかりきってる二人が主人公のラブコメを見るときの、

安心できる楽しさもいいですけど、

この作品のように、どういう形の結末になるのか予想できないってパターンもいいですね。

しかも「とらドラ!」の場合、たとえどんな結果になったとしても、

なんだかんだで、みんなが晴れやかな終わりを迎えられそうな気がヾ(⌒▽⌒(⌒▽⌒〃)o

次回は文化祭の話だったかな(体育祭だっけ?)

こういう回では、恋愛絡みのイベントが起こること必至!・・・のはず。

これぞラブコメ!!的な面白さに期待。

テーマ : とらドラ! - ジャンル : アニメ・コミック

18:09  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(9)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.02 (Tue)

「喰霊―零―」第9話感想

だからさぁ~物語の展開が暗すぎるっつーの(=_=;)

いや、暗いというか、もうなんて言うか痛々しいよ。黄泉の境遇が。

確かこのアニメって、原作漫画の過去を描いてるんですよねー?

ってことは、アニメのストーリーがこのまま暗く暗ーく進んで、

救いようのない終わり方をした場合でも、

原作を読んでる人にとっては問題ないわけで~~~

過去がわかり、物語の深みが増すわけだし~~~

で、アニメ編だけ見て終わる俺はいったい・・・{{(>_<)}}

嫌だなぁー。ハッピーエンドが見たいなぁー。

次回のサブタイは“悲劇なんとか”だっけ?

暗いよぉ~悲しいよぉ~辛いよぉ~

もうさ、―零―編は思いっきり不幸な終わり方でいいから、

原作をアニメ化して2期目やってくれないかなー

テーマ : 喰霊-零- - ジャンル : アニメ・コミック

19:51  |  アニメ(放送終了作品や不定期の感想など)  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。