2017年03月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'08.05 (Tue)

小説の感想

きみぼく

「きみとぼくが壊した世界」 は―――なんかね、くろね子さんにめっちゃ萌えてる自分がいました。

1作目では全然そんな印象はなかったんですが、挿絵も含めて病院坂黒猫全て良し、な感じ。

で、この巻の内容は~~~くろね子さんと様刻くんが海外旅行したら、みたいな。

特別に、2作目に出ていた弔士くんと、くろね子さんの旅行Ver.もあります。

というのもですね、今回の話は、「作中作」ってのがネタになってまして、

ロンドン旅行は実は小説の中に出てくる小説の内容で、さらにそれも小説の内容で、

かぶってかぶって~~~~~~みたいな感じなんですよ。

表現力皆無で申し訳ないんですが、とにかく、そんな感じです!!

僕はそんなにミステリーに興味がないので、事件の謎解きとかは、まあどうでもよくって、

とにかく、病院坂黒猫さんが(あと様刻くんも)気に入りましたってお話です。

「エレGY」 は、箱に貼ってある売り込みコピーを見て衝動買いしちゃったんですが、

・・・・・・僕の範囲外でした。何と言いますか、趣味じゃないというか、

まあ、普通に面白かったんですけどね。やっぱり、恋愛小説はいいですね。

ハッピーエンドなら、ですが。そういう意味では、この小説は、ちゃんと幸せな結末でね、

良かったです。ホッとします。幸せ気分に浸っちゃいました。

ってことで、買って損なし!!でした。
スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

20:43  |  読み物関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'07.23 (Wed)

最近買ったもの・読んだもの

刑法入門・ツバサ      
刑法入門 (岩波新書 新赤版 1136)
大学の刑法総論の授業で、先生が薦めていたので購入。
著者の山口先生というのは、難解な文章を書くことで有名らしいのですが、
この本はわかりやすく書かれているらしいです(まだ、読んでいないのですが)

ツバサ 24―RESERVoir CHRoNiCLE (24) (少年マガジンコミックス)
間違いなく、物語は最終局面に向かっているはず。物語の核心へ。 ラストスパート。
なのに・・・・・・いまいち盛り上がりきれていない自分がいたりする。
なんつーかね、物語初期の頃の“熱さ”が足りないんだよな~~
だってさ、みんな悟りを開いちゃった感じじゃん。丸くなったっていうか。
仲良しな感じも素敵なんですが、昔の荒削りな熱さというか、
俺は自分の大切なものだけ守るんだよ的な感じというか、
お互いに信頼関係が築けていないからこその荒っぽさが燃えたんだけどな~
まあでも、もちろん次の巻も楽しみなんですが。ってか、この巻も面白かったし。

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書 ほ 2-1)
◇いつも「忙しい忙しい」と言っている人
◇いつも「いっぱいいっぱい」の人
◇一生懸命やっているのに成果が出ない人
◇コツコツやることができない人
◇面倒くさがり屋の人
◇怠けぐせのある人
◇物事が続かない人
・・・・・・この本を読んでいただきたいのは、このような人たちです。

って、別に僕がカッコつけて言ってるわけじゃないですよ。
本の初めのあたりに書いてあったんで。
それにしても、やっぱり仕事で成功してる人は違いますね~いや、ホントすごい。
僕には絶対出来ませんが、時間術――――興味があったら読んでみてください。  

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

21:49  |  読み物関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'07.09 (Wed)

ここ2~3週間ぐらいに読んだもの

読んだもの
狼と香辛料 8 (8) (電撃文庫 は 8-8)
とりあえず・・・ロレンスがカッコ良いことになりそうな予感がビシビシと(あとがきによると)
アニメ放送の盛り上がりに便乗して集め始めただけに、放送終了とともに、
熱が冷め気味だったんですが、やっぱり読むと面白いわ。あと、エーブがイイ女に見えてきた。
ってことで、次も楽しみ!!!

灼眼のシャナS 2 (2) (電撃文庫 た 14-22)
いや・・・・・とりあえずさ、「S」シリーズは息抜きみたいな感じで、本編シリーズに
はさんでくれるとちょうど良いと思うんですよ。今、本編に息抜きは必要なかったかな~
だって、めっちゃ盛り上がってたじゃん。ってことで、本編の続きに期待!!
あ・・・でもね、もちろん面白かったですよ、番外編も。

インターネット2―次世代への扉 (岩波新書)
これは、前作「インターネット」のほうを持ってたんでね・・・それじゃあ、買うしかないかと。
相変わらずのわかりやすい内容で読みやすかったです。うん―――それだけ。

仕事と日本人 (ちくま新書 698)
え~と、これは~、「経済原論」の授業のレポート課題の参考書だったかな。
「働くとは?」ってテーマだったんですが、なかなか役立ちましたね~
なんて言うか、自分の考えをまとめやすかったですね。僕はこう思います!!みたいな感じで。
奇跡的に、もし同じテーマでレポート書く人がいたら参考にして下さい。たぶん役立ちます。

いま、働くということ (ちくま新書 720)
これも「働くとは?」レポートの参考書・・・・・・・でも、正直、微妙だったかも。
え~とね、抽象的過ぎっていうか、「へ~なるほど~こういう考えもあるんだ~」って感じで、
終わっちゃった。レポート書くのには向かなかったかな~

新装版 日本語の作文技術
これは~~~大学1年生の頃に、ってか去年に、オリセミの先生から、
大学生はレポートを書くことが多いので、こういう本を読むといいですよ~って薦められました。
実際、良かったですよ。例文を使ってわかりやすく解説してくれるし、なにより中身が簡潔で。
これと、あれに気をつければ大丈夫!!みたいな感じ。あまりこういう本は読まないので、
小学生の頃の、「ことばのきまり」を思い出しましたね~~~(確か、そんなタイトルだった気が)

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

21:34  |  読み物関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'05.13 (Tue)

「傷物語」感想

傷物語
傷物語 (講談社BOX)

ここ数日、自分でもわけわかんないぐらい忙しくて、読むのに時間がかかりましたが、

読破!!―――――――――うん、期待通りに面白かったです。

「化物語」の前日譚ということで、

読む前は、忍ちゃんことキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードを

楽しみにしてたんですが――――委員長の中の委員長こと羽川翼にやられた……

読んだ後に思い返してみると、どう考えてもキスショットよりも委員長のほうが、

インパクト強かった。つーか、どうしちゃったの!?委員長!!

読み始めて8ページ目あたりの出来事に関しては、まあ驚かなかったけどさー

なんつーか、おぉ、はっちゃけてるな~っていうか、ギリお茶目って感じでなんとかなるけど。

最終決戦直前の阿良々木くんとの一件はね……。

あれはもう、はっちゃけてるって言葉じゃ誤魔化せないって言うか、

神原駿河お得意の明るいエロですらないって言うか、

なんだろ……卑猥って感じかな?いや、卑猥って言い過ぎだとは思うんですけど、

これまでの「化物語」基準から見ると、卑猥……かな?と。

もちろんこの件については、全面的にチキンな阿良々木くんに非があるわけですが。

――――あ、そう言えば、残念だったのが阿良々木くんの妹が出てこなかったこと。

前日譚だから、絶対出番が増えると思ったんだけどな~~~~~~

最後に、「傷物語」内での素敵なセリフをひとつ。

『お兄ちゃんへ。
時には人は迷うことも必要だけれど、
でも、ふと心に余裕ができたときに、ちょっとだけ思い出してみて。
チルチルとミチルは、一体青い鳥をどこで見つけたのかな?』 

メールだけどね。自分探しの旅に出たっていう阿良々木くんの言葉に対して、

こんな文面送ってくるなんて………こんな妹がいたらシスコンになっちまうぜ!!!

――ところで、素敵なセリフとしては委員長からいろいろ飛び出してるんですけどね。

本命としてはそっちを載せたいんですが、なかなか強烈なものばかりでして……

ぜひ読んで確かめてください。以上、「傷物語」感想、っぽいものでした。

テーマ : 感想 - ジャンル : 小説・文学

21:05  |  読み物関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.27 (Thu)

「真月譚 月姫」6巻

月姫


本日購入

面白かった!!!濃厚なお話だった!!!!・・・・・・・・・・・・・んですが、

私はゲームやってないんで、まだ若干、話に頭がついていかない部分もあったかも

まだ最終局面ってわけじゃないので、わからない部分が残ってるのは当然だとは思うんですが、

ちょっとずつ、過去の記憶とかが明らかになって来てますからねー

ネタバレとか全然OKな自分としては、わからないところがあるのは何だかもどかしいです

内容については、ゲームをやってない自分では大したこと言えないんで(知識もないので)・・・・・

ここは、内容以外で自分がこの漫画を買うときに楽しみにしていることについて。

それは―――――――――、表紙の帯です。帯の奈須きのこさんによる文章です。

あれ、カッコいいんですよねーあと、収録されてる内容について、

楽しめるポイントを端的に表現してくれてますからねー

その文章を読んで「月姫」の世界観に触れてから、じっくり本編の内容に入っていくみたいな感じで。

私は、基本的にああいう本の帯は捨てちゃうんですけど(残しとく人もいると思いますが)、

この漫画の帯だけは迷いますね~(結局、捨てちゃうんですけどね)

それにしても、次が出るまでまた長くなりそうだなー

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

22:54  |  読み物関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。